« 2017年4月 | トップページ

富士の白い鳥

この季節山の斜面に現れる雪形は古くから田植えの時期を決めたりと農事の判断基準にされていましたが、富士山にも雪形が見られます。

Dsc02884

昨日富士河口湖町のホームセンター駐車場から見た富士八合目付近に農鳥の雪形が出てました。電線が鬱陶しいですけど、絶叫マシンで知られる富士急ハイランドのすぐ傍からよく見えました。

Dsc02884_2

雪の残り方が多い時は鳳凰に見えたり、農鳥の雪が更に融けるとひよこにも見えるそうです。

日曜日もクラフトフェアはあったのですが日曜日はパスして、「富士吉田口・手づくり市×古本市」というイベントに行ってきました。

Dsc02885

出店者は全国から集まっているそうで、ほとんどセミプロでこういうイベントを転戦していらっしゃるとお見受けしました。会場の「北口本宮富士浅間神社」はワンたちの犬猫病院の近くで、いつも門前を通り過ぎるだけで入ったことがありませんでした。国道からは杉木立が続く奥行きのある佇まいで、ワンたちはワンワンカートに乗せていきました。

Dsc02881

立派な拝殿でちょうどウォーキングイベントのお祓いをしているところに行きあったので祓いたまえ清めたまえ~、とうさんの肩が治りますよう、ワンたちがいつまでも元気でありますようお願いしてきましたconfident 

Dsc02882

「富士太郎杉」は御神木でしょうか‼ 日中はうだるような暑さでしたが、神社境内は涼しくてマイナスイオンをいっぱい浴びてきました。苦しい時の神頼みくらいで、あまり信仰心はありませんが、神社境内には特別な気が漂っているように感じました。富士登山の吉田口登山道は本来ここからスタートしますfuji

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盛りだくさんの週末

土曜日は雨の心配なくsun、道の駅・芝生広場でクラフトフェアが開催されました。イベントテントを設営して、商品を並べたところで撮影してとりあえず準備完了です。

Dsc02870

日差しが強く、品物が直射日光に当たらないように気をつかいますsweat01 ワンたちはとうさんの釣り具運搬用カートでスタナバイ、先週に引き続き彼女たちも忙しいことです。

Dsc02872_2

山友さんがジュニアと一緒に来てくれましたhappy01。小五のジュニアがお隣りの木工ワークショップで白木のキーホルダーのペイントをしていたらちょうどNHK(?)の山梨支局の方が取材してくれたようで、カメラの前でちょっと緊張しながら可愛いfishのキーホルダーを完成させました。

Dsc02873

生まれた時から見守ってきた「孫よりも孫らしい」大事なコで、進んでわが家に来てくれるのが何より嬉しいことです。朝から照りつける暑さのせいかお客様の出足は鈍く、どうなることかと思っていたら案内ハガキをお送りしたリピーターさんが何組も来てくれました。オリジナルシュナバッグをお作りしたHさんはシュナちゃんと一緒

Dsc02875

小顔のスキッパーちゃん、顔がシュッとしていて可愛いheart01、ウチのワンたちは顔が大きいsign02 

案内ハガキをお送りして来てくださった方にはハギレとドミット芯の細切れ、わが家のラベンダー+河口湖ラベンダーポプリで作ったラベンダーポプリのサシェをプレゼントに用意していました。

Dsc02868

安眠を誘う効果などありますが、作った日は家中ラベンダーの香りでしばらく抜けませんでしたcoldsweats01

今回のフェアはイベント運営面で反省点も多いです。役場の産業振興課の担当者が一年毎に変わり引き継ぎがされていなかったのか、通知が遅く打ち合わせ会がギリギリになってしまったりで後手後手にまわり、参加者のテンションは当然下がりますdown ご本人やご家族の病気で参加出来なくなる人も出てきて当初のメンバーの顔触れも変わりちょっと先細りが心配でもあります。たくさんのテントが並んでいて色々見る楽しさ、選べる楽しさがあって欲しい、私ひとりがやきもきしてもどうにもなりませんが、後ろ向きにならず出来ることは相談してやっていきたいと思います。

イベント終了後は急いで帰宅し、急いで食事をして「おやじバンド・サタデーナイツ」のサマーコンサートに出かけました。毎年クラフトフェアの日程とブッキングしているので行けず、久しぶりのライブでした。

Dsc02877

入場無料なのにいつも空席があり余裕で座れたのに、しばらくぶりの客席は様変わりして大ホールがほぼ満席、立ち見の方もちらほらでびっくりしましたcoldsweats02 点滅するライトセーバーはライブを楽しむグッズとしてプレゼントされ、観客席は

Dsc02879

二年ほど前にリーダー宛てメールで浜省の「もうひとつの土曜日」をリクエストしたところレパートリーに加えてくださったのですが、今回も聴かせていただきましたnotes。懐かしのナンバーながら彼らにとっての新曲も何曲か、中島みゆきの「糸」も良かったし、全曲口づさめるなんて一体感感じます、行って良かったぁhappy02

受付横では熊本・大分地震の被災地へ桃を届けるための寄付を募っていました。7月に山梨の桃5000個以上を届けたい、ついてはコンサート会場で800個分の寄付をお願いしたいとのことでした。運動のボランティアの方々に託して応援の気持ちが伝わればともちろん寄付をさせていただきました。とかくアクが強い印象の(?)山梨県人もいいことするじゃないなんて感動しましたよconfident 



| | コメント (2) | トラックバック (0)

カングージャンボリー2017

日曜日は山中湖畔「きらら」を会場に開催されるカングージャンボリーに参加してきました。朝6時頃はまだ前日の雨が残り、霧で山もかすんでいました。周辺道路の混雑回避で5時から開場されるというので、近いけれど早めに私が荷物を満載し、ワンたちはとうさんのルノー4で出かけました。かなり早いと思ったのにすでにフリマエリアでは品物を並べてお客さんさえ歩いている超早朝市状態でしたcoldsweats02

Dsc02859

上が山中湖畔で、通路を挟んだ芝生広場がカングー車限定駐車場で、ぐるりとフリマエリアになっています。

Dsc02843

こんな列が何列も並んでおり、カラーバリエーション豊富なのでカラフルで見て歩きも楽しいですnote 上空にはドローンが飛行、私も上から見てみたいsign03

なんとかフリマエリア69番目で準備を始めました。

Dsc02841

Dsc02853

フリマエリアの内容はカングーグッズ(シールやミニカー、オリジナルグッズetc) 、不要になったものリユースのフリマ、私のようなハンドメイド品販売といろいろです。私自身売ることよりもオリジナルグッズやペットグッズがお目当てで、気前のいいとうさんが購入用資金に「諭吉さん」をくれたのでオフィシャルショップで気になるグッズをおとな買いしちゃいました。

Dsc02857

今年のTシャツ2枚とバケット、スタッキングマグカップ、お試しで福袋を買ったらカングー刺繍入りキャップ、ボールペン、ピンバッジ、ルノーキャプチャーのオリジナル切手シート(稀少‼)などが入っていました。黄色の毛糸編みぐるみ(人気でした)、シャナのフェルトブローチ(まつ毛までリアル)、ミニカーはフリマで、カングーチョロQはルノージャパンとトミーテックのコラボ限定商品で、昨年ここでお知り合いになったY美さんのおかげでゲット出来ました。

販売の方は昨年ジャンボリー用に作ったトリコロールカラーのカングーシルエットクッションが、フレンチブルドッグのミニトートバッグは人目を引いたようで、とても気に入ってくださった方にお買い上げいただきました。来場する方が求めているのはやはりカングーやトリコロールカラー、ペットなどに特化したもの、またはリユース品の掘り出し物さがしであって、手間暇かかったハンドメイド品はこの場ではどうしても値段的に高いと思われてしまうようです。所変わればで人の心理って面白いなぁと感じましたconfident 今週末のクラフトフェアが終わったらハワイアンキルトの針仕事はひと休みして、他のことにチャレンジしてみようかと思っており、来年のジャンボリーも視野に入れてます。なかなか暇を持て余して昼寝でもとは思えませんが、そんな自分て楽しそうでいいねと自画自賛してますwink

そうそうウチのワンたちドッグトレーラープロのY美さんに散歩に連れて行っていただき、今回イベント参加のイオンペットブースでエクストなどしてもらってきました。、田舎暮らしのワンコなのに、オシャレheart04、一応オンナのコですからね。

Dsc02850

upwardright Juli でdownwardright kattii ねえさん

Dsc02851

嬉しいことにワンコ連れの多いイベントで、今回もたくさんのシュナちゃんに会えました。写真を撮らせていただいたシュナちゃんたちです。

Dsc02854_2

白シュナちゃんと思ったら、ウチと同じペーパーソルトなのにどんどん毛色が白くなったそうです。
Dsc02849_2

Dsc02846

Dsc02856_2

背中の一部が黒い毛という特徴があり、以前他の所で会ったコだと分かり偶然の再会でしたcherry シュナちゃんたち、また来年も元気で会えるといいねclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ダブルで準備中‼

連休が終わり今週末は山中湖畔「きらら」で「カングジャンボリー」が開催されます。そして翌週の土日は「クラフトフェア」で、昨日から準備品をチェックしたり品物のリストを作りながら値札付けを始めました。朴の葉も数日で

Dsc02834

もう少し大きくなるとちょうどお寿司を包むのにぴったりです、今週末はまだ無理かな‼ 昨年畑の隅っこに植えたクラブアップルにはたくさんの花が咲きました。

Dsc02833

ターシャさんの愛した庭木は半年くらい雪で閉ざされるバーモントの気候に合っているように当地の気候にも合っているようです。花の命は短くて、色が薄くなったと思ったらせっかちにも散り始めました。今日は花散らしの雨です。

Dsc02836

「タイツリソウ」の花が可愛いheart 中古の耕運機のエンジンがかからず大変でしたが、畑に夏野菜の苗も植え付けました。今年は安納芋や小玉スイカ、メロンにも挑戦、ブルーベリーにはちゃんと防鳥ネットを掛けました、今までで一番力を入れてますscissors 今日はしとしと雨で畑や花壇にはいいお湿りになりそうです。

カングージャンボリーは昨年からカングーオーナー参加型のフリマOKになり、従来のただ見て歩きだけではなく愛車をベースに楽しめるようになりました。会場も富士山に一番近い湖・山中湖にほぼ確定して、毎年イベント内容も進化しているように感じます。ルノージャパンはなかなか柔軟なフットワークでいいね‼です。一応販売目的ですが、私自身掘り出し物捜しやカングーグッズに関心があり当日は多分チョロチョロしていると思います。

とはいえフレンチテイストの小物を少々作ってみました。

Dsc02838

フランスといえばフレンチブルドッグで、顔のパーツをアップリケしている途中で赤と青が左右逆だったことに気づきました。フランス国旗は向かって右が赤で青は左側なんです、だから裏側は大丈夫なんですけどね、不覚sign02 まぁこれはあくまでサンプルということで・・・ ワンコの犬種は変わっても基本のベースは同じで、それぞれの特徴をプラスすることでどんなワンコも作れると思います。

昨年はカングーだけで1000台ちょっと、他の車が800台と年々増えているようです。遠く日本全国から集まってくるカングーファミリーや車好きの方々のために、晴れて富士山が綺麗に見えますように・・・fuji わが家は近いので今年もとうさんはルノー4に乗り2台参加です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

朴の芽吹き

ガレージ傍の朴の木が華やかな色を見せてくれる季節を迎えました。アトリエログの背後の朴の大木はまだまだ、木の大きさで随分時間差があるものです。

Dsc02827

淡いサーモンピンクと新緑の取り合わせは朴の木独特です。これはガレージ上の草屋根からカシャッcamera 手を伸ばせば簡単に採れるので、朴葉寿司に使う朴の葉もここから採ります。

連休を利用してとうさんは日本海・糸魚川方面に海釣りに出かけ、昨日帰ってきました。鰆(さわら)を釣りに行ったのですが、釣果はイナダ2尾と鯵60尾を大物用に買ったクーラーボックスに入れて持ち帰りましたfishfish  帰ってからの処理が大変sign02、イナダはお刺身と焼き物用の切り身にして、中落ちは大根と煮物に、鯵はいいサイズのものをなめろう用にし、あとは開いて翌日干物にすることにしました。捌くのはとうさんの仕事、捌いてくれた後は私の担当で、開きは濃度10%の塩水に4時間漬け込みます。海水濃度が3%らしいので濃い目の塩水です(五島灘の塩分30%カットの塩使用)。今日は晴れて暑くなる予報だったので、昨夜の内に漬けこみをして朝から干せるように準備をしておく必要がありました。

Dsc02829

一枚一枚ペーパータオルで塩水をふき取るのは手間ですが、このひと手間が大事なので昨夜10時過ぎにせっせとふき取りました。

朝から干し網2個に並べてアトリエログの軒先に掛け、あとは「美味しくな~れ‼」

Dsc02830

魚の匂いにどこからかハエが飛んできてネットにたかりますから、やはり干し網は優れものです。それにしても前回作った鯵の干物もまだ残っていて冷凍にしたばかり、食べきれないので村友さんにおすそ分けをして食べていただこうかと思っています。

沼津では地元の方の独特の釣り方を見て、とうさんなりに遠くへ飛ばす釣りを工夫して糸魚川の小さな堤防でやっていたら注目の的だったとか、地域によって編み出された釣り方がそれぞれあるそうで、海釣りは広くて奥深いもののようです。とうさんが60過ぎての五十肩に苦しみながら、心惹かれてせっせと海に通うのも分かるような気がします。

連休のトピックスは干物づくりでしたcoldsweats01  そうそう昨年あたりから地続きの造成地にわらびが出てくるようになりました。あまり成長は良くありませんが、居ながらにしてわらび採りが出来ます。アク抜きをして旬のものをいただくことにいたしましょう。

Dsc02831

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ