« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

親の終活

昨日は朝から気合を入れて静岡の実家へひとっ走りdash、姉と待ち合わせをして実家の片づけ仕分けをしました。母の存命中に遺品整理をするとは思いませんでしたが、住む者の無くなった家は傷みも加速されるようで、将来三人兄弟誰も住むことが無いので相談の上お隣りに買っていただくことになりました。とんとん拍子に話が進んでしまい、物の溢れる家の少しでも何か出来ないか、母が好きでせっせとへそくりで買った着物などゴミとして処分されるのは忍びないと思いました。

最近は結婚式の引き出物などはカタログギフトで好きな物を選んで後で受け取る式ですが、以前は当日大きな荷物を渡されていました。鍋や食器など好みに合わない物多数でも親世代は使わない物を押し入れ深くしまい込み、それこそ場所塞ぎでしかないのに使わず新品未使用のまま年月だけが過ぎてみたいな・・・think

前回もタオルやギフト品など車に満載して運び、年末の福祉バザーに寄付して活用してもらったのですが、まだ残っていた重い食器、鍋などを積んできました。

Dsc03423

古くても箱に入っていれば寄付しやすいので、年末までまだ時間がかかりますがそのまま工具や部材などを入れているコンテナに入れておくことにしました。

着物類は姉と一緒に見て、母が一番好きな着物を一枚と姉が「大島紬」を貰い、あとは私が預かり最近よくCMで耳にする「着物買取」に出してみることにしました。なんでも2020東京オリンピックで外国からの観光客が激増してお土産として着物の需要が増えるのだとか、いくらにもならなくてもどなたかが使ってくれるならそれでいい、ゴミにされるのは物に対して失礼です。

Dsc03424

一部ですが姉が選んだのとは別の大島紬や絞りの羽織、夏の絽の着物や名古屋帯、白生地は反物のまま、何年も桐箪笥で冬眠していました。年をとって着物を着るのは体力も要りますから、いくら元気でももう母には無理だと思います。どんな人も最期は身ひとつ、家は両親が住んでいればこそで住まなくなれば抜け殻のようなもの、すっきりと少しでも道筋をつけてあげられるのは今しかないのかもしれません。

Dsc03427

私用には父がよく骨董市で買ってきた古い蕎麦猪口を貰ってきました。他の兄弟は絶対欲しがりませんから大丈夫‼ 蕎麦猪口としてではなくお茶飲みに使います、シブいでしょjapanesetea

子どもの頃後から隣りの敷地に家を建てたお隣りさんにお会いしたら、みかん山をもっていてちょうどデコポンを収穫してきたからと大きなデコポンをいただきました。

Dsc03426

2個食べた後ですdelicious デコポンといえば熊本とばかり思っていたのに、たしかに温暖な気候ですから静岡でも出来るはずです。あの特徴的なデベソのでっぱりは小さいみたいです。

新東名は海沿いの旧東名高速より山沿いを走るのですが、山々に薄いピンクの山桜が私はここよとばかりに咲いているのが見れて急いではいたのですがちょっとしたドライブ気分でした。安倍川に合流する藁科川の堤もずっと桜並木になっていてちょうど満開でしたが、運転中で写真が撮れなかったのは残念でした。わが家付近は桜満開まではまだまだ、首都圏が葉桜になる頃にやっと真打登場なんです。考えてみると東北のようにお花見の総仕上げが出来る所といえるのかもしれませんねconfident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

彼岸の大雪

水曜日のsnow予報が見事に当たり、深夜の雨が雪に変わったようで朝起きたら真冬に逆戻りの雪景色でした。kangooも軽トラ・サンバーもminiもタイヤ交換してしまったのに・・・トホホのホdespair 

薪ストーブに火を入れて窓の外を見たら降りしきる雪だというのにバードフィーダーにはヤマガラ君の姿が

Dsc03420_3

まだひまわりの種を入れていなかったので、ヤマガラ君たら「今朝はここのオバサン種を出してくれないのかなぁ‼」なんて、ちょっと哀愁の佇まいに感じました。ヤマガラ君のために意を決していつものように口笛の合図と共に種を増量して出しておきました。

降り止むことなく降り続き午後3時過ぎには積雪量40cm以上になりました。

Dsc03421_2

そろそろ仕舞おうと思っていたソレルの防寒ブーツもまた出番です。時ならぬ雪で寒冷紗を外した畑のニンニクも雪の下、花が開きかけの花壇の沈丁花も重い雪でうなだれてます。

昨日はとうさんと待ち合わせをしてお墓参りに行き、帰りにパンや牛乳など買い物も済ませてきたのでしばらく出かける必要もなく、本日は心おきなく針仕事三昧scissors 夕方は早い時間にお風呂に入り、窓から雪景色なんぞ眺めながらゆっくり温まりましたspa こんな時はジタバタしないことかなぁconfident  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

週末は忙し‼

来週水曜は春分の日、暑さ寒さも彼岸までと言いますから、これからやる事があれこれあります。秋に植え付けたニンニクはかなり遅かったのでダメかなと思っていたのですが、黒マルチと寒冷紗で無事育っています。ニンニクはあまり使わないので畑で栽培するのは初めて、秋には自家栽培のニンニクで黒ニンニクを作れるでしょうか‼ 畑と花壇の寒冷紗を外して長ネギやバラ、ブルーベリー、苺などに追肥や液肥を施しましたsweat01

相模原の家のご近所で伐採したケヤキが出たので軽トラ2台分の原木を薪割、結婚当初植えた木だそうで50年を経て結構な太さになっていました。薪割を片づけてからとうさんはいつものように海へfish、翌日はなんと45cmの黒鯛(チヌ)を釣ってきました。

Dsc03406

チヌというと渡船で磯に渡りコマセを撒いて釣るもの、20~30cmくらいだと思っていたのですが、堤防からこんなに大きなチヌが釣れるなんてびっくりですcoldsweats02 捌いてチルド室で一晩おいてからお刺身にしました。

Dsc03416

クセのない味でどんな料理でも合います。塩焼きにしてもフワフワの身で美味しくいただきましたdelicious 釣れなかった時の保険で一応献立は考えているのですが、最近は魚づくしです。

釣りの次はスタッドレスから夏タイヤにタイヤ交換です。他の車は早々に交換済みで残るはkangooと軽トラだけ、まだ雪が降ることがあるかもしれませんが、すぐに溶けるはずと楽観的です。

Dsc03409

kangooは専用のジャッキがあり、ジャッキを取り付けるガイドの穴が4ヶ所あります。私がジャッキアップ担当で、とうさんがナットを外してタイヤを交換の協同作業です。一人でやっていると嫌になってしまうので手伝わないわけにはいきませんcoldsweats01 

Dsc03410

下の空き地で交換したスタッドレスは軽トラの荷台に積んで運び、荷台に載せたままホースで水を掛けて凍結防止剤の塩カルを洗い流しました。交換してから言うのもなんですが、水曜日の予報を見たら河口湖地方cloud/snowだとか、雪が降らないよう、降ってもすぐ融けてくれるよう祈るばかりです。

タイヤ交換をしていたらちょうど採り頃のフキノトウが出ていまして、摘むのが好きなんです。

Dsc03411

フキノトウは近くのお店にあげて、久しぶりにいつものお蕎麦屋さんまでminiでドライブしてきましたdash お蕎麦屋さんの駐車場からは遮るものがなく富士山がくっきり

Dsc03413

風は春なんですねぇ‼ 花粉も非常にたくさんだそうで、数日前はクシャミ連発でついに私も花粉症デビューかと思いましたよ。本格花粉症の方から見ればまだまだだなといわれそうですけどね‼ この方も時々グシュンとやっておりますdownwardleft

Dsc03414

| | コメント (8) | トラックバック (0)

勉強になりました‼

先週の土曜日に里親募集中の「なるあちゃん」をお預かりしましたが、残念ながら一週間後の土曜日お返ししました。なるちゃんが悪いのではなく、ジュリとの相性が合わずとても一緒に暮らすのは無理と判断しましたthink なるちゃんはワンと吠えられないのでファンファンとかバウと発して意思を伝えようとしてジュリの後を追いかけまわし、ジュリはどうしていいのか戸惑い硬い表情をしたまま遊ばない、椅子から降りない鉄仮面の別犬になりました。

また日曜日の昼はテラスで日向ぼっこをして、オシッコをしたら家に入ろうとリードを外したちょっとの隙に通せんぼのフェンスの下の隙間から脱走して、国道に下りて走り出しワンブロック先の民家まで行ってやっと確保しました。車やバイクの往来の激しい日曜日で、皆避けてくれるものの名前を呼び続けても止まらず、轢かれてしまったらと気が気ではありませんでしたsweat01 ジュリはトレッキングのノーリードでも少し先行しては振り向き、後ろを確認してまた進むし呼び戻すことが出来るので大丈夫なんですが、ひとりで生きてきたなるちゃんはやはり想定外の逞しさでしたsweat01 見かねた友人で頼れるドッグトレーナーのSさんがジュリを迎えにきてくださり、預かっていただきました。子犬の頃に身につける呼び戻しとトイレトレーニングがなるちゃんは苦手ですが、それは彼女のせいではありません。

彼女のプロフィールを読むと声を失い、二年ほど放浪の末千葉の砂浜の穴に落ちて出れずに衰弱していたところをサーファーに助けられて保健所へ、保健所からシュナの保護団体に預けられて鼠経ヘルニアの手術など手を尽くしてもらって健康を取り戻したそうです。可哀想にどんなに心細かっただろう、ひもじく寒さに震え、暑さに乾いたのだろうと思ったのですが、実際なるちゃんに接してみるとそんな陰のようなものを感じません。

「例えばこのワンコ 群れを嫌い 束縛を嫌い 生き抜く力と旺盛な好奇心が彼女の武器だ なるあ またの名をシュナウザーN」 ドラマ「ドクターX」のワンコ版、なるちゃんはメンタルが強いコで置かれた状況で頑張って生きていたのだと思います。

保護された後でつけて貰った名前の由来は助けてくれたサーファーさんからハワイ語でhe'enalu(ヘエナル)サーフィンをする人、nalu(ナル)波とkanoa(カノア)自由からつけられたとお聞きしました、とても素敵な名前ですclover 幸い他にも問い合わせがあるそうできっと幸せを掴む日も近いと信じています。

Dsc03401_2

最後のお散歩でちょうどしゃがんだとこでしたcoldsweats01

カボチャ色(?)のカングーで送っていったシンデレラに魔法をかけました、「物語のエンディングは幸せになってめでたしめでたしだよ」と

Dsc03403_2

なるちゃんのこともあり色々勉強になりました。この国のペットビジネスの酷さ、命をモノとしか見ず売れると見れば劣悪な環境で無秩序な繁殖をさせる、お役御免になれば殺処分か遺棄してしまうなんてまともな人のすることじゃない‼ 転勤や引っ越しの時期になると保護犬が増えるそうですが、それも人間の都合故・・・可愛い欲しいで簡単に買えてしまうって変です。ドイツなどでは許可を得ているブリーダーに予約しておいて犬を迎えるか、保護犬の里親になる、一定の訓練を受けさせることと若干の税金も課せられると聞きます。先進国なのにペットの後進国はなんの規制もなく多くの犬猫の命が無残にも奪われているんです。

山中湖のクラフト仲間の家のお隣には繁殖犬をリタイアしたコリー犬達が何頭も(中には声帯を切られてバフバフと吠えるコもいます)保護されて穏やかに余生を送っています。知り合いの若いファミリーのお宅は代々パグやフレブルの保護犬の里親になっているそうで優しいご家族です。パグやフレブルなどブサカワ系のコたちの保護活動の団体は「ふがふがレスキュー」略してフガレスというらしいです。柴犬やトイプー、ミニチュアダックスなど人気の犬種は保護犬も多いそうです。

大阪府の松井知事が先日殺処分ゼロを宣言したとか、吠える犬咬む犬などにドッグトレーナーをつけて里子に迎えてもらえる取り組みを始めたそうです。台湾の台南でも殺処分ゼロを目指し大学キャンパスで犬の保護活動をしているそうです。そんな話を知るととても嬉しく、いいことがどんどん広がっていけばと思います。私はそんなに優しい人間だとは思いませんが、なぜかワンコのことになると優しくなれる気がして不思議ですconfident 犬を家族に迎えようと考えている方がいたら保護犬の里親という選択肢があることを知って欲しいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ヤリイカが釣れまして

いつものように漁に出た(?)とうさんが土曜夜釣りでヤリイカを釣ってきました。先週たまたま小さいヤリイカが釣れたので、今回はイカ狙いで出かけました。

Dsc03394

50cmくらいのヤリイカが5ハイとなかなかいいサイズでした。いつものように自分で釣ったものは責任をもって捌いてもらいます。

Dsc03396

身とエンペラ、ゲソに切り分けて、その日はイカ刺しでいただきました。今日は里芋があったのでイカと里芋の煮物を作りました。味がしみたところで盛り付けて柚子の千切りをあしらい出来上がり

Dsc03400

我ながらなかなかいいお味、イカが柔らかく美味しゅうございましたdelicious

お預かりしている保護犬「なるあ」ちゃんをトリミングに連れて行きました。モサモサも可愛いけれど目にかかる毛で視界が遮られていたのか、散歩の時に道端の溝にハマり泥んこになりました。逞しく大きな脚も伸びた毛で更に大きく見え、濡れてしまうと拭いてあげても乾きにくく冷たそうでした。すっきりトリミングしたらきっと可愛いだろうと思い、預かり先の方に許可をいただきました。

Dsc03399

トリマーさんから台の上に慣れてなくて緊張していたけれどいいコで出来ましたよと誉められました。太い首だなぁと感じていたのですがすっきりしたら普通の首で、艶やかな被毛が綺麗でイケてる美犬になりました。これなら野良ワンコだなんて思う人はいません。「シンデレラ」のように実はとても美女だったみたいな・・・crown

残念ながらジュリとの相性が悪く、他のご縁を見つけてもらうことになりそうですが、こんな可愛いコなら絶対いい縁に恵まれるはずと信じています。せめて家にいる間は甘えて、遊んで、時々は大きいワンコのぬいぐるみを投げ飛ばしてショートステイを楽しんでいってほしいと思いますconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ひな祭りの姫

昨日までの強風も収まりポカポカと暖かな日となりましたsun。今日は先日お見合いをした里親募集中のシュナ「なるあ」ちゃんがわが家に来てくれて、二週間のお試し期間預からせていただくことになりました。で、こんなWELCOMEボードを作ってみましたheart01

Dsc03392_2

ボランティアで保護犬の預かりをされているNさん親子(小学生の息子君が散歩をしてくれていたそうです)に伴われて元気いっぱいに登場でしたが、保護された時は体毛がボサボサで砂浜の穴から出られずに衰弱していたそうです。保健所からシュナウザーの保護活動をしている団体が預かり、鼠経ヘルニアの手術や避妊手術などを受け体力回復に努めて1月末から里親募集を始めたところを見たのが私でした。推定年齢はジュリと同じくらいですが、少なくとも2年近く放浪していたようだとのこと、寒い冬も暑い夏の日もひとり逞しく生き抜いてきたのでしょう、心細くひもじくはなかったのか、よく交通事故にも遭わなかったと感心します。そしてなるあちゃんは「ワン」と吠えることが出来ません、声帯を切られて「ハウハウ」というだけです。シュナは無駄吠えをしない犬種で、ワンコが吠えるにはそれなりに理由があるというのに、どんな人がそんな酷いことをしたのか胸を締め付けられる思いですcrying

ジュリが気になるらしく追いかけまわすのでジュリは戸惑って逃げ回る、面食らっているようでまだ少し時間がかかるかもしれません。散歩から帰ったらふたりとも疲れたのか別々に離れて昼寝、なるあちゃんはテーブル下のベッドに納まりました。

Dsc03390_2

保護されて一度丸刈りにされ今はモサモサフワフワです。夕食はジュリのいつもの夕食タイムに用意ドンで食べ始めたら、やっぱりジュリの方が早く完食sweat01、なるあちゃんのフードに手を出さないよう見張ってました。

Dsc03393_2

食器はkattiiが使っていた。ル・クルーゼのドックディッシュ、実用的でどっしりとして食べやすいようです。生活のリズムが分かるまで手探りですが、見上げるまん丸な目の愛らしいこと、ひな祭りにやってきたちょっとワイルドな体格のシュナ姫です。

Dsc03388

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »