« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

連休はデズショウ‼

連休の前半が終了、4月も今日で終わりです。「日本で一番キャンプ場の多い村」なのでどこにワンコ散歩に行ってもキャンプ場のどこかを通ります。首都圏から近いこともありファミリーキャンパーのテント村が出来て賑やかです。

山中湖の周回道路も慣れない他県ナンバーの車や合宿の若者が横に並んで道路を闊歩して他人の迷惑顧みず・・・だから連休は出不精(デブ性ではない‼) というか出ず性ですcoldsweats01

Dsc03482

クラブアップルの花がもうそろそろ終わり、交替するようにそろそろモッコウバラが咲き始めます。畑に堆肥をすき込んで、今日は夏野菜の苗を植え付けました。

世間の喧噪も高速の渋滞情報も他人事で、私は衣類の入れ替えや断捨離、大物カバー類の洗濯などを片づけてすっきり‼ 昨年秋に受けた依頼品のベッドカバーは連休中に片づけて、カングージャンボリーの準備もなんとかめどがたちました。

Dsc03484

昨年作ったフレンチブルドッグのトートバッグを少しアレンジしてまた作ってみました。シュナもですが上目づかいに見るまん丸い目が可愛い、ワンコのバッグづくりは楽しくて好きですnote 次はこれもお待たせしている依頼品のコーギーのバッグに取り掛かります。

一方とうさんは昨年爆釣した日本海・新潟に出かけて今年も大漁で、昨夜帰宅しました。数えたら鯵は40cm超えのサイズも含め57尾、イナダ1尾、ホッケ2尾。ホッケなんて相模湾ではまず見かけないfishで、イメージはホッケの干物、生のホッケはどうして食べようかと思いました。

Dsc03487

大物が釣れた時用の大きなクーラーボックスは48時間OKとか、現地で簡単にワタを抜いて処理してきてくれるので鮮度抜群です。

夕食はお刺身となめろうなどで食べ、村友さんにおすそ分けをしつつ残りの鯵は干物にしました。開いた鯵を塩水で洗い、海水濃度の塩水に漬け込んだら一匹ずつペーパータオルで水分を拭き取り身側から干します。

Dsc03489

干し網2個にほぼいっぱい、魚の匂いを嗅ぎつけてどこから来たのかハエがブンブン、干し網が無ければとても干す気になりません。鯵は好きな魚ですから当分目先を変えながら食べることにします。今年も連休前半は干物オバチャン、だんだん手慣れて上手になっているような・・・happy01 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

たけのこわらび

金曜日とうさんがたけのこをいただいてきました。竹林の無い村では嬉しい頂き物です。土曜朝はまずたけのこ茹でから、大きな寸胴鍋で2回茹でました。たけのこといえばわらびでしょ(?)ということで、今朝はわらび採りに行ってきました。

転居した頃知り合いに教えてもらったわらびスポットには吊橋を渡ります。

Dsc03473

わが家付近は村を貫く本流も民家近くを流れていますが、神奈川方面に10数キロ走ったこの辺りは渓谷というにふさわしく、揺れる吊橋から下を覗くと結構高度感があります。

Dsc03474

高い所がダメなBS「こころ旅」の正平さんは絶対無理だと思いますが、ここはドラマ「相棒」のロケにも使われていてちょっとした観光スホットです。ジュリも尻込みしたのでとうさんが抱っこして渡りました。わが家のシンボル朴の木はまだ葉も出ていないというのに、吊橋傍に立っている朴の木にはなんと一輪だけ花が咲いていました。

Dsc03475

わが家から20キロも離れていないというのにこんなに違うのは驚きですcoldsweats02 目当てのわらびはすでに採られた跡があり、まだ丈が伸びきらないわらびばかりでしたから、一回食べる分だけと思い採らせてもらいました。旬のものをその時に味わいたい、決して大量に欲しいわけではないのです。

Dsc03479

帰り道先日ジュリの散歩ついでに見つけたシャガの花が自生している所に寄り道、花の時期でなければ気づかないだろう斜面を埋め尽くす群落です。

Dsc03477

夏のような暑さで、朝活から帰ってとうさんは一気に伸びた庭の草刈り、私はわらびのアクとりをしてからホームセンターに野菜の苗を買いにいってきました。苗は買ってきたものの植え付ける畑の準備はまだできていませんが、どこに何を植えようかと楽しみな時ですnote まずは外仕事の前に半袖を出さなくちゃ・・・coldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雨あがり

昨日は終日雨降りで、今日は昼過ぎにやっと雨が上がりましたsprinkle 青空が広がると光を受けて山々の緑が綺麗、目にも心にも優しいとりどりの新緑の色ですclover

ガレージ上の草屋根は

Dsc03468

ムスカリが満開で、そろそろ他の花に交替しそうです。

屋根のそばの朴の木の芽吹き、アトリエログの背後の朴の大木はまだまだですが、木が若く樹高も低いと芽吹きも早いようです。

Dsc03469

桂の木は日ごとに緑が増していますので、週末とうさんが帰ってきたら驚くことでしょう‼

昨年花が終わってから花壇の隅に地植えにしたタイツリソウ(ケマンソウ)が根付いて成長し、花をつけてくれました。花ことばはheartの形をしていることから「失恋」とか「恋心」など心関係だそうです。

Dsc03466

宿根草は冬地上部が一旦枯れますが、当地に合っていればまた花をつけてくれるので、どこに何を植えたかそれなりに記憶しています。鉢植えのまま簡易温室で冬を越した「ハナカンザシ」も白い可愛い花をたくさんつけていて、私にしては上出来です。

今年は檜花粉が例年の45倍とやらで、私まで時折花粉症のようなクシャミ、目の痒みを感じましたが、やっぱり春はいいなと思うのは芽生えと再生を実感できるからでしょうか‼

昨日ニュース番組の地方のトピックスで野草園の話題があったのですが、見覚えのある黄色い花が出てました。

Dsc03470

深山黄華鬘(ミヤマキケマン)、ガレージ脇の薪置場の少し湿った所にいつの間にやら自生して、今年は勢力を拡大してました。ムラサキケマンは全国分布だそうですが、キケマンは近畿以北だそうです。

雨に濡れるのが嫌いなジュリは昨日何度誘っても外に出なかったのに、今日は道路に散り敷いた桜の花びらの上を喜々として歩いていましたnote 気分屋女子ですcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

椎茸コマ打ちなど

春の椎茸が採れていますが、ホダ木がそろそろ寿命なのかボロボロですdown。以前ガレージ造りに使う間伐材でお世話になった森林組合さんにお聞きしたらコナラのホダ木原木を売っていますとのこと、先週軽トラで分けてもらいに行ってきましたdash ホームセンターや産直売り場などでも売っていますが、比較したらサイズが揃っていてお安く安心なのは森林組合さんのでした。とりあえず直径10cmくらいの20本をお願いしていました。ある時は軽トラおばちゃんsweat01

Dsc03456

同時に椎茸菌も500個入りを1本購入、二年おきに放射性セシウムなどの測定検査をした結果報告書付きです。

Dsc03455

激しい雨風も今朝は上がり天気が回復してきて、作業日和となりました。朝食もそこそこにとうさんはガレージを開けて、原木にドリルビッドで穴開けです。

Dsc03460

ナメコ菌も100個ほど買ってあったので、少し太めの原木5本に打ち込みました。

Dsc03459

Dsc03462

穴開けとコマ打ちを分担してあっという間に作業完了しました。

Dsc03464

とりあえず仮ぶせをしておきます。出るのは来年の秋でしょうか‼ 気が長いような短いような・・・

土曜日は中学校の同窓会があり、故郷静岡へ行ってきましたdash。夕方からの同窓会は5クラス193名の内参加者44名ほど、中には若くして亡くなられた方もいらっしゃるようでした。22才で静岡を離れ、今まで同窓会関係にはほとんど出席したことが無く、名前は記憶にあるものの誰が誰やらわからずcoldsweats01 「家に遊びに行ったんだよ」とか「めちゃ細かったよね」(ホントです‼) とか覚えていないことを逆に色々教えてもらいました。中学校卒業後半世紀の節目ということらしいのですが、皆さんいいオジサンオバサンになって、定年退職後悠々自適の方、まだ現役で働いている方・・・昔を懐かしんででも、会に参加する人たちは気持ちにも暮らしにも余裕があってのことと思います。半世紀って長いようなアッという間だったような・・・confident










| | コメント (10) | トラックバック (0)

二年に一度の

母屋裏に停めているキャンピングトレーラーは二年に一度車検を受けなければなりません。昨日はとうさん休暇をとって神奈川県央の陸運事務所にユーザー車検を受けに行きました。 トレーラーはエンジンがありませんから、ヘッド車と連結してブレーキランプ、バックランプ、ウィンカーなど正常に作動するかのチェックと跳ね上げ式のサイドウィンドウが走行中開かないようワイヤーが取り付けられているかを見るだけです。初回の車検だけ業者に依頼しましたが、ヘッド車のDEFENDERごと預けて一週間もかかる上費用もばかにならないので、自分で持ち込んでいます。費用は自賠責、重量税、証紙など実費だけですから維持費は軽トラよりも掛からないくらいで済みます。  

私はもしもの時の誘導員、ジュリは付き添いで一緒に出掛けましたdash 今は車検予約の受付は事前にインターネットのみ受付です。午後イチの予約でしたが、牽引しての運転は久しぶりなので早めに出かけ、ジュリの散歩を兼ねて途中の宮ケ瀬湖に寄りました。

Dsc03446

わが家周辺は今桜満開ですが神奈川方面はもう葉桜で、ミツバツツジが盛りでした。

Dsc03447

宮ケ瀬湖は10年ほど前に完成した宮ケ瀬ダムによって出来たダム湖で、かつての林業や炭焼きの村は湖底に沈み、湖岸にビジターセンターや公園などが出来ています。週明けの平日で駐車場もガラガラでした。

Dsc03449

連結すると全長12m、大型車のスペースが無かったので4台分に横づけOKも空いていればこそです。

陸運事務所は大型レーンが空いていれば予約時間より早く通してくれることがあり、ちょっと期待しつつ早めに着いて申請書類を揃えました。付き添いはトレーラーで待機中

Dsc03450_2

ジュリはひたすらとうさんが現れるのを見ています。近くにはセレナで牽引しているトレーラーがやはり検査待ちですがツナギを着た業者さんのようでした。

Dsc03451

午前中は予約が多かったのか期待むなしく当初の時間通りになり、近くの河原で昼食を食べてから戻って検査でしたがアッという間に終わって出てきました。

Dsc03453

無事に検査を終えて帰路につき、締めくくりは母屋裏のカーポートへの車庫入れです。国道から坂を上がり、切り返して未舗装の坂をバックして単管で組んだそれほど余裕の無い支柱の間に入れるって、この時ばかりは(?)尊敬しちゃいます。牽引していても高速道路などは交替して運転できますが、これは逆立ちしても私には無理な神業です。やれやれこれで二年に一度のおつとめ完了ですcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ささやかな気づき

ちらほら咲き始めた庭のフジザクラはあっという間に満開になりました。

Dsc03440_2

植えた時は私の背丈くらいでしたが、成長して下向きに咲く花びらは上向きに撮ってちょうどいいくらいになりました。

金曜日はお客様を迎え、たってのご希望で久しぶりに露天風呂オープンspa、何しろ冬の間は農業用ビニールで囲った簡易温室や畑の支柱など諸々の資材置き場と化していましたので、急いで片づけました。お客様が帰られて夜、追い焚きをしてゆっくり温まりましたconfident 昼間はちょうど正面にサンシュの黄色い花が咲いて、花壇の沈丁花の香がします。

Dsc03439_2

大人4人くらい入れる大きさで、家のユニットバスの二倍ちょっと水はただですから400L以上を灯油の外釜で沸かしています。温泉成分は入浴剤頼みですが、岩風呂なので身体の芯から温まり、露天なのでのぼせることなく入っていられます。他では飲食禁止、スマホ禁止でもここはban 無しですから、ご希望でビール、アイスバーなど提供します(あくまで自己責任で)。 山仲間が来た時入ったのはいいけれどいつまで経っても出てこないので、心配して声を掛けたらあちこちにスマホでメールしていたこともありました。

造る時は頑張って夢中で造るけれど、飽きたわけではないけれど使わなくなるってありますね。不具合も出てきたりするので時々は水を抜いて掃除をし、使ってあげるとやっぱり開放感があって気持ちいい、造ってよかったなと思います。

来シーズンはビニールを張り替える予定で撤去した簡易温室で冬を越したプランターの苺、いつももう少しで食べられるという時にカラスに盗られていたので、早めにとうさんに苺保護プランを頼みました。毎度の「すぐやる課」ですから

Dsc03441

角材とカラスが嫌う黄色の釣り糸でガード、盗ろうとくちばしを入れようとすると引っかかってカァ‼という感じになるかなぁ、今年は自家栽培の大粒苺を食べることが出来るでしょうかsign02

今朝7時頃のこと、窓のカーテンを開けたら薪置場の緑色の屋根に小動物発見、なんとリスが屋根の上の何かを口にし向かって右から左に駆け抜けていきました。わが家付近でリスを見かけたことはなく、リスを呼べないかななんて話していましたから嬉しい発見です。ヤマガラ達が咥えて落としたひまわりの種を探していたのかもしれません。野鳥レストランは閉店しましたが、屋根の上にひまわりの種を少し撒いておくつもりです。薄茶色のしなやかな身体つきと動きで、ホンドリスだと思われます。

Dsc03442_2

upwardrightは塀の上の飾りです。ホンモノさんいらっしゃいhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今シーズンの

今日は春を越えて夏のような日差し、kangooもminiもサンバーも風にのって飛んできた花粉まみれです。野山で餌になる虫が捕れるようになったようで4月に入ってバードフィーダーも役目を終え閉店しましたend

Dsc03429

次は巣作りなのかヤマガラもシジュウカラも下見に忙しげに飛び回っています。みんな栄養満点のひまわりの種で大きくなったみたい、ヤマガラはいつも母屋の軒下をチェック、昨年はこんなスペースを作ってみましたが限定一棟のみ、気に入ってくれるかな‼

Dsc03432

一方シジュウカラは建物に寄ってくることはなく、うっすら紅く芽吹いた桂の木の近くに設置している巣箱を出たり入ったり、こちら限定二棟です。

Dsc03433

関東圏の桜はもうピークを過ぎたというのに当地の桜はやっと開花宣言ですcherryblossom 東西に長い村の神奈川寄りでは満開、山中湖に向かう道々桜前線の変化がはっきり見てとれます。わが家近くの国道沿いのソメイヨシノは今朝はまだ蕾

Dsc03431

午後ジュリの散歩に出ようとしたら何輪かの花が開いていました。バードフィーダー裏のフジザクラ(マメザクラ)も小さな淡い花が開き出しました。数えると刻々花の数が増えています。紅梅白梅も、ミツバツツジ、レンギョウ、コブシやモクレンなど一斉に咲き賑やかな里の春。

Dsc03434

花壇の紅白の沈丁花の香りで感じる春。桂の木の下の花壇は夏には半日陰になるのですが、山野草に向いているようでヒトリシズカ、クリンソウ、オダマキ、ヤエノドクダミなどが根付き、図らずも山野草ガーデンになりました。簡易温室で冬を越したくちなしの花も地植えに戻したところです。

Dsc03430

ガレージの屋根上はムスカリやシバザクラ、ユキヤナギなど、冬は地上部が枯れる宿根草はこれからのお楽しみですnote

ここ数年この時期はモノ作りに追われていましたが、昨年秋のクラフトフェアが村主導で不当にも中止されたので今は依頼品作りと5月中旬のカングージャンボリーに向けてフランスに特化したモノを作って準備していますが、これが結構ハマって楽しんでいます。

クラフトフェアは元々「枯葉のコラージュ」を作られていたHさんに魅せられて参加し始めたのですが、Hさんがご主人の闘病で参加出来なくなったり、当初のお仲間が撤退したりでクラフトフェア卒業もいい機会かと思います。近隣の道の駅に企画を持ち込んで違う形でクラフトフェアを開催出来ないかとも思いましたが、ハワイアンキルトは手間も時間もかかるので更に制作に追われるのは本意ではなく、依頼を受けて作る程度がちょうどいいくらいです。前々からやりたいと思っていたこと、もちろん手仕事系ですが、新たにやろうと思っています。

そうと決めたら早く仕事を片づけてしまいたい、でも6月くらいまではかかってしまうかなぁcoldsweats01、いずれにしても相変わらず暇無しです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »