« 2018年6月 | トップページ

折り返し雑感

やっと夏空が戻ったような感じですyacht

Dsc03704

先日はBS放送の受信状態が悪くなったので、日曜日とうさんが桂の木の枝落としをしてくれました。夏の強い日差しにありがたい木陰を作ってくれるのですが、電波まで遮られ畑が陰になっては困ります。6本ある桂の木の内3本だけでも大変な枝の量でした。upwardleftの左は白樺の木で、これも少し落とした方がいいかもしれません。

買物は富士吉田まで行くのですが、最近目につくのは富士登山を目指す人々です。真新しいザックや山靴、いかにも今どきの山ファッションは良く言えば初々しく、事故無く頑張ってと思います。週末富士急行の富士山駅からは

Dsc03701_2

雪はすっかり消えましたが、荒れた天気で見えたと思ったら次の瞬間にはすっぽり厚い雲に覆われていました。こんな時は大勢が歩いていても経路を見失うことがあるので気をつけなければなりません。夏富士は昔山岳会で市民登山の付き添いをした時登っただけで、運良くご来光fujiも見れましたし、今は見るだけで充分ですconfident 

富士山駅の傍に10mくらい高さのある金鳥居という青銅の鳥居があり、信号待ちで止まることがあります。何気に上を見上げたらしめ縄がなんだかピカピカゴールドshine で思わずcamera

Dsc03700

柱には今年5月に架け替えたと書かれていました、どうりでピカピカなわけです。この鳥居は富士信仰の一の鳥居で真正面の富士に向かって坂道になり、その昔から富士講を先導する御師(おんし)の家が立ち並んでいたそうです。一部はまだ残っていますからメインストリートだったのですね。鳥居は18世紀から立ち、青銅の鳥居は60年ほど前に建立されたもので、しめ縄の架け替えは17年ぶり9回目だそうです。富士山駅からは下から登る人のために中ノ茶屋、馬返しまで行けるマイクロバスなどが離発着していますbus

日曜日は仮伏せしていた椎茸とナメコのホダ木を本伏せしました。仮伏せは

Dsc03464

ボロボロでそろそろ引退のホダ木を移動して

Dsc03702

ホダ木のコナラにキクラゲのような黒くてぶよぶよなものが生えて「ワッ‼ 気持ちわるっ」、あれなんなんでしょ‼ 雨が上がれば色々片づくこともありますね。早起きして畑の野菜に肥料をやり、ジュリのおもちゃも手洗いしました。

Dsc03703

ワイパーも効かないほどピンポイントで降る強い雨と照りつける日差しで目まぐるしく変わった昨日の天気が信じられない今日の空です。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

戻り梅雨??

戻り梅雨というには過激な雨風で、タイミングを見計らって散歩に行かなければ途中で降られてずぶ濡れになりそうですrain 昨夜は午前2時頃降雨量が規定雨量を超えたそうで山中湖村との境界の峠が通行止めになりましたが、夜明け5時には通行止め解除で影響は無かったようです。

Dsc03682

庭の紅ヤマアジサイも咲き始めの白から色鮮やかな紅に変わり、そろそろ見納めでしょうか‼ 隣のアナベルは

Dsc03684

薄いライムグリーンから白い色にお色直しです。白のまま変わらないのはヤエノドクダミの花

Dsc03685

涼しげな花は今年株が増えました。自称ナチュラルガーデンは園芸種より手間いらずの山の花が全盛です。大丈夫、放っておいてと言われているような・・・

ガレージ上の草屋根では昨年植えた宿根草が咲いています。

Dsc03683

宿根草に付けられているカタカナ名は覚える気がないせいか、1年経つとただの花coldsweats01 春先に種を蒔いて育てたポピーとナデシコは定植のタイミングが遅くなってしまいましたが、週明けに植え替えたらこの大雨ですからびっくりしたことでしょう‼

Dsc03686_2

庭のあちこちに咲く吾亦紅(ワレモッコウ)は広がり過ぎたので、まとめて花を切りました。

今週いっぱいはこんな空模様のままらしいのでジタバタせず過ごすことにしましょう。ジュリは散歩から帰りシャンプーsweat01をしてひと暴れしたら胎児のように身体を丸めてスヤスヤsleepy

私はぼちぼち依頼品のショルダーバッグに取り掛かっています。これも図案化した花confident

Dsc03699

記録的な大雨予報が出ている地域もあるようですが、各地で被害が出ませんように・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ