« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

63,000円也

お餅つきを済ませたとうさんはお役御免でまたまた海へと出かけて行きました 行き先は伊豆・川奈のイルカ浜、今回の計画ではまずカマスを釣り、夜はイカを狙い、沼津に移動してカマスを生餌にしてブリ、鯛を釣るはずでした。今季カマスは釣っても数えるほどでしたが、群れが来ていたのか爆釣して、まずカマスは達成したようです。

Dsc04010

クーラーボックスを一杯にして帰宅、イカやお正月用のブリ、鯛は残念ながら気配も無かったようです。30日はとうさん帰宅後干物づくりスタートです

Dsc04012

寒いのに現地で全部背開きにしてきてくれたので、まず塩水で洗い、一旦水分をペーパータオルで拭き取ってから、塩水に酒、味醂少々を加えた漬け汁に約1時間浸しておきます。漬け汁をまたペーハータオルで丁寧に拭き取ってから干し網に並べていきます。日が暮れてしまったのでアトリエテラスに掛けて寒干しになりました。

Dsc04013

干し網3個に30匹、28匹、そろそろ引退と思っていた古い網に5匹を干して、計63匹を翌朝裏返しにして天日干ししました。とうさんの隣で釣っていた東京・神楽坂から来たというカップルはガンガン釣り上げるとうさんに棚やコツを尋ねてきたそうです。アドバイスに従って釣れ出したら大喜びで、カマスを東京で食べようとすると1匹1000円はしますよと言っていたそうです。それじゃ大小あるけれど手間暇かかっているから63,000円かな

Dsc04015

カマスは身離れがよくて白身の上品な味で大好きですが、爆釣の後は処理が大変です、しかも年末になんて・・・釣り名人の妻の隠れた悩みなんちゃって

村友さんやいつも除雪をしてくださる工務店さんやクラフト仲間におすそ分けして食べてもらうことにしました。とうさん兄弟家族への年賀のご挨拶は川奈直送出来立て新鮮干物で決まりです。

新しい年の漢字一文字は「災」ではなく「幸」になるといいですね、皆さまもどうぞ良いお年を

| | コメント (4) | トラックバック (0)

平成最後のお餅つき

北海道や北陸、日本海側では大雪のようですが、関東は風の強いカラリとした晴れが続いています。28日には年末の一仕事、お餅つきをしました。小さな臼と杵なので少しずつ何回にも分けて、ふたりだけで搗くので段取りが大変です 

Dsc04006

朝食が済んだら薪ストーブの上とガス台、東屋の囲炉裏にも火を入れお湯を沸かして準備です。

Dsc04004_2

カマドに蒸し器を掛けて、前日から洗って水に浸してあった餅米を蒸しながら、臼と杵を温めておきます。毎年お餅つきをしていると、美味しいお餅を搗くためには強い火力で蒸すのが一番肝心だと感じているので様子を見ながらです。最初に搗いたのし餅は少し硬めで、段々良くなっていい感じに搗き上がる頃終了です。今回はのし餅以外に前日電気圧力鍋で煮ておいた黒豆入りの豆餅と黒胡麻を混ぜ込んだ黒胡麻餅を作りました。関東はのし餅で、のし餅用ポリエチレンの袋を使うので餅とり粉を使いません。搗き上がったお餅を袋に落とし込み、型枠の上で綿棒で伸ばして形を整えます。

Dsc04005_2

豆餅は搗き上がったら臼に黒豆を入れて混ぜるのですが、ちょっと黒豆が多すぎたみたいです

Dsc04009

一晩置いてカチカチになる前に切り分けます。形のいいお餅は山友家族と息子一家に年越しプレゼントで送り、端っこの不揃いなお餅は自家用にします。味は同じ、お腹に入れば一緒ですからね 贈ろうと思うと面倒でもやる気がモリモリ、一年の締めくくりになりました。

天気図を見ると荒天を招く二つ玉低気圧が居座っているようで気になります。災害無く、どちらも穏やかな年越しとなるよう願わずにいられません 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忙中ワン有り

X'masとはいえ年末です、大掃除していますか?昨日は重い腰を上げてレンジフードファンの掃除、揚げ物はほとんどしないのにサボったつけが溜まってギトギト、スチームクリーナーを使っても簡単には落ちず苦労しました

今日は母屋のログ壁と小物が並ぶ棚の掃除です。

Dsc04002

母屋はマシンカットで、壁はいつでもサラリとした肌触りですが間に埃が付きます。低い脚立にのってギュッと固く絞った雑巾で拭き、数枚の雑巾を取り換えながら何回も交換して拭いていくのですが、やり出すとキリがありません

気分転換に丁度いいモノがありました。

Dsc03998

シュナ友さんからジュリに肌触りのいいピンクのお昼寝ブランケットを頂いたのですが、組み立てるとシュナウザーが出来るプチブロックも嬉しいオマケでいただきました。ダイソーで見かけたことがあり、パンダや象など色々な動物があるのでシュナが無いかなとチェックしたことがあります。シュナ友さん地域のダイソーにはあったんですね、小さいブロックなので対象年齢12歳以上ですって、歳なら大丈夫、軽く5倍以上プラスαですからね

息子達が子供の頃、知人から頂いたプラ衣装ケース一杯のレゴブロックが随分活躍しました。ファミコンなどはあまりやらずブロック遊びが好きなのはいいのですが、散らかるのが玉に瑕・・・などと思い出しながらやっていたら完成しました。

Dsc04003_2

100円商品とはいえ、小さなブロックを正確に組むことが出来て、狂いが無いのは普通にスゴイなと思います。早速もうじき一周忌のkattiiの遺影の傍に飾りました

頂き物といえば掃除をしながら、先日頂いたかりんの実をハチミツ漬けにしました。なんでも咳や風邪に効くそうですから、これからの季節に備えましょう‼ 一方とうさんは海釣りに行って、釣り友さんから今回は根付きの下仁田ネギ、キウィ、手のひら芋などを頂いてきました。下仁田ネギは太くて、普通のネギを5本くらい束ねたくらいの立派さです、云わばネギ界のスーパースターみたいな わが家の畑にしばし落ち着いてもらいました。別の釣り友さんからは更に深谷ネギがいただけるそうで、海に出かけブリがネギしょって来る年の瀬になるかどうか

Dsc04001

キウィはジャムに煮るつもりですが、本日は時間切れで明日に繰り越しです。まだ窓拭きもしなければ、お餅つきの準備で臼とか杵、カマドなど一年に一度しか使わない物を引っ張り出しておかなくてはと気持ちは焦るのですが、1日が早いですね

Dsc04000

温室のバラの花、ずっと蕾のままだったのにX'masに咲きました。甘い芳香を放って私はここよと言っているようです 年の瀬寒波で荒れる予報が出ていますね、どうかお餅つきの日は来ないでねぇ‼

| | コメント (6) | トラックバック (0)

パン教室番外編

村のコミュニティセンターのパン教室は5回シリーズで終わりましたが、希望者4名で是非X'masのシュトーレンをとお願いして、講師のご自宅で番外編を開いていただきました。シュトーレンの他にもフォカッチャを同時進行で焼きました。一点ずつ持ち帰ったシュトーレンの生地にはドライフルーツ、イチジク、スライスアーモンド、プルーンなどを練り込んでいます。焼き上がってからブランデーと溶かしバター、本来はアプリコットジャム(今回はママレード)を混ぜたものを塗ります。

Dsc03987

家で冷めてからパウダーシュガーをふり、先日のイベントで買ったアイシングクッキーを載せてみました。ドイツパンは日持ちがしますから、毎日一切れずつでをいただきましょうか フォカッチャは甘み少なく、岩塩とオリーブオイル、バジルの風味でいかにもイタリア、少し温めて生ハムやレタスなどを挟んでも美味しいです。

Dsc03986

レシピを見るより実際手に取ってこねたり成型するのが一番の早道です。私は料理も針仕事もほとんど人に教わったりの経験が無いので、自己流で基礎が出来ていない、でも回り道でも試行錯誤で身につくタイプなんだと思っています

月・火と相模原に行って、今日はパンづくりがあるので帰ってきました。今回は軽トラで出かけ、kangooの二倍は積めますから材木屋さんで焚きつけ用の端材をいただいてきました。顔見知りになった材木屋のご隠居さんが出てきて、「いつもありがとうございます、今日は軽トラで来ました」と言ったら折角来たのだからたくさん積んでいきなさいと積むのを手伝ってくださいました。優しいご隠居さんにはまたお茶菓子を持っていかなくちゃ

Dsc03993

ちょうど空いたガレージ脇の薪置場の一画を焚きつけ置場にしました。母屋横の薪置場にも積み上げてありますから、当分焚きつけには困りません、ありがたいことです。

Dsc03990

家から近いEAONでジュリに今シーズンの防寒着をプレゼント、シュナサイズでは胴も首もきつくてワンサイズ大きいものに交換してもらいました。がっちり厚い胸のパグサイズでした、オンナのコなのに・・・ ワンポイントのラベルがちょっとパタゴニア風ですけど、パタゴニアにワンコウェアはありません。

Dsc03994

花の無くなった花壇に唯一色を添えてくれる沈丁花、寒さに負けてない

| | コメント (6) | トラックバック (0)

寒くなりました

買物に出かけるといつも道の駅・富士吉田によりJuliの散歩と富士のバナジウム水を炊飯、飲料用にポリタンに汲んできます。先月から塗装中だったレーダードームは足場も外れて、綺麗になっていました。

Dsc03980

近くによると

Dsc03979

光を受けてパールホワイトに見えます。富士山頂での気象観測のお役目を終えて、道の駅に併設されたレーダードーム館のシンボルになりましたが、随分汚れが目立つようになっていました。お色直しも済んで新年を迎える準備OKですね。

朝出かける時の外気温は2℃、数日前の初雪は綺麗に融けてなくなりました。普段服を着ないJuli ですが寒がりさんなのでこれからはウェアを着て出かけます。

Dsc03983_2

kattiiがいた時は赤はkattiiが着て、Juliは黄色やピンクだったのですが赤も似合います ただkattiiが着ていたウェアはそのままに、ひと回り大きいJuliには別に買ってあげることにしています。大晦日の朝旅立ってからもうじき一周忌、もうなのかまだ一年なのか・・・

今年も村友さんでガーデナーのYさんに青々としたX'masリースを作っていただきました

Dsc03977

暖かな室内ではなく、まずはドアに掛けます。毎年作っていただいたリースは母屋とアトリエログのあちこちに掛けてあり、10個くらいになります。

Dsc03978

その時々の材料で作るので、リボンや飾りもみな微妙に違いますが、それぞれ枯れてもシブくていい味を出しています。一旦枯れるとどれが一番古くて、新しいのか分からなくなります。これからは小さなタグに制作年を書いて付けておこうかと思っています

朝起きて急いで薪ストーブに火をいれ、日中は晴れていれば暖房要らず、夕方冷え込む時間にまた焚くというペースです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

師走のフリマへ

日曜日はドッグランのあるカフェ「ローズファーム」さんで開催されるフリマイベントに出店してきました。冷え込む予報に戦々恐々としていたのですが、それでも元々バラの温室だったドッグランの中に場所をいただいたので、とりあえず風は大丈夫だったんですけどね

Dsc03964_2

師走で、しかもいつもより規模を縮小しての開催だったのであまりお客様の動員は期待していなかったのですが、地域で愛されているお店恒例のフリマということで、若いファミリーから年配の方まで寄っていただきました。小さなお子さんがカートに座っているジュリに近づいて頭を撫でてくれたり、いつものように看板犬になるととてもいいコですから可愛がってもらいました。2~3歳くらいの女の子と背比べして見つめ合い

Dsc03974_2

向かって右隣のお店はスウィーツ、クッキー、甘酒などを並べるファミリー+黒のトイプーちゃん

Dsc03965

Dsc03966

ちょうどとうさんの誕生日だったので、カップ入りのショートケーキを買って持参したローソクとピックを立ててささやかなHappy Birthday 甘さも程よく美味しいケーキでした

Dsc03973

左隣もアイシングクッキーなどの焼き菓子やハーブオイル、アクセサリーなどのお店、素敵な若いママさん+可愛い幼稚園児のママ友ペア、食べてしまうにはもったいないような可愛いX'masクッキーが並んでました。もちろん買って、まだ食べていません。

Dsc03967

お菓子ばかりでなく畑からの贈り物もあります。

Dsc03971

聖護院大根は後で買おうと思ったら、この後すぐに完売してしまいました。

Dsc03970

小物と花のお店、手前の「花かんざし」は家にもあり、寄せ植え用に買いました。

Dsc03969

エスプレッソマシンもあり、本格カプチーノも出す移動コーヒーショップ

他にもカフェの中にはワンコ服のお店やゴム印、オリジナル木工スプーンのお店やグッズのお店など全部の写真は撮れませんでしたが、今回はクラフト仲間のレザークラフトのGさん、似顔絵のNさんも共同出店されたのですがとても好評のようでした。

Dsc03975

似顔絵画伯はスマホ画面からでも描ける腕前で、若く綺麗にと言えばそれなりに描いてくれます。行政とは関係なく、一般のお店が地域活性化のためにこんなイベントを永年続けて開いてくださっていることに頭が下がる思いです。公の立場でありながら訳の分からない口実を付けて10年以上続いたクラフト展を中止にしてしまう村の産業振興課とは雲泥の差です

3時前に撤収して帰宅、売り上げはまずまずで注文品のバッグの外ポーチも出て、20個以上用意したX'masのラベンダーポプリのサシェは完売でした。夕食は土曜日朝とうさんが釣ったイナダをしゃぶしゃぶで食べました。魚の身がほろほろと美味しく、自家製柚子ポンでいただきました。

Dsc03976

| | コメント (8) | トラックバック (0)

本日は「大雪」

二十四節気・大雪の今日は久しぶりに気持ちのいいお天気になりました。こういう日はゲンキンにもやる気が諸々片づけようという気になります。昨年作ったX'masのタペストリーを出して母屋ログに掛けてみました。

Dsc03956

いつもはシャモニーで撮影したエギューユ・ド・ミディ山頂からのスイスの山々の写真を飾っている所です。X'mas自体に特別な意味を感じているわけではないのですが、これから本格的に寒くなる季節へのエピローグとして、クリスマスカラーは紅葉も終わり風景にも色が無くなる時期に華やかな上げ色です。玄関の表札にも

Dsc03959

先日たくさんの柚子果汁と減塩醤油を合わせて、昆布だしとかつお節を加えておいた柚子ポンを濾して瓶に移し替えました。

Dsc03958

ついでにオリジナルラベルを作って貼りました。ラベルまで貼って初めて自家製感がするというか、こんなひと手間が結構好きです。息子のひとりが子供の頃会社ごっこが好きで、看板を作ったりおもちゃのキットで会社印を作っていたのを誰に似たんだろうと思っていたのですが、どうやら私にその素因があったのかもしれません 

この柚子ポン、大根の薄切りや白菜のザク切りなどに掛けて一夜漬けにしたり、肉まんにちょっと付けて食べると美味しいです

日曜日のイベントの準備も大体出来たので、以前BSプレミアムの「晴れときどきファーム」で見た味噌玉を作ってみました。毎週末海に出勤するとうさんが堤防で知り合った釣り友さんから最近たくさんの野菜をいただいて帰るようになりました。無農薬で育てている大根、白菜、キャベツ、小松菜、ホウレンソウ、チンゲンサイなど、ありがたいことに食べきれないほどです。ホウレンソウや小松菜はレンジ調理して新鮮冷凍、大根は使うサイズにカットして冷凍したり天日干しして仕上げに薪ストーブの傍で乾燥させて切干大根にしました。

Dsc03926

この切干大根と減塩だし入り味噌、あおさと花麩を合わせます。

Dsc03960

平日はひとりの夕食なので味噌汁を作りませんが、寒くなると温かな味噌汁が欲しくなります。

Dsc03961

適当に作ったので形はイマイチですが、直径3cmくらいの玉にまとめて出来上がり。お椀に味噌玉を入れて、熱湯を注ぎ簡単にお味噌汁が出来れば楽ですね。

Dsc03962

実食した感想は、熱湯を注いでも汁の温度が下がりやすく、もう少し熱々の方がいい、すばやく出来るけれどひと煮だちしたらちょうど良くなると感じました。楽して美味しいこと、色々試してみるのは好きです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オバサンになっても

私のことではありませんよ、とっくにオバサン年齢以上ですからね。今日はJuliの8歳の誕生日、人年齢にするともう立派なオバサンです。いつもは家でバリカントリミングしていますが、先週は誕生日に先だって年に2回くらいのトリミングをしてもらいました

Dsc03945_2

個人のお宅でやっていて、2時間ほどしてお迎えに行ったら耳毛も身体もすっきり、自慢の長~いまつ毛もばっさりでした、まぁ‼あっという間に伸びるからいいのですけど・・・ 見慣れない内はミーアキャットみたいな顔で笑えます

Dsc03924_2

beforeがですから、しばらくは寒いかもしれません。誕生日記念(?)、日曜日はJuliの大好きな山散歩に行ってきました。村の山は急登で一気に標高を稼ぐ所が多いので、ロケーションが良くてなだらかな山中湖周辺の東海自然歩道を少しだけ歩きました。

Dsc03946

道標が新しいものになっていました。落ち葉でふかふかの道を嬉しくて走り回るのは相変わらずですが、途中で立ち止まり私達を振り返って待つ様子に「糸の切れたタコ」もちょっとおとなになったのかななんて感慨がありました

Dsc03947_2

リュックには大好きな干し芋のおやつが入っています。そして100均で見つけたHappy Birthday ティアラも持っていったので記念写真をカシャッ

Dsc03948

サイズが人間用だったようで大きすぎました 昨年7歳の誕生日の後、大晦日の朝ずっと一緒に暮らしてきた姉で母のようなkattiiが亡くなりJuliはどんな風に感じていたのか・・・ kattiiはツンデレ系でマイペースのコでしたが、Juliは更に甘えん坊になったような気がします。オバサンでも可愛い可愛い娘です、彼女の一生の半分くらい過ぎてしまったけれど、少しでも長く、元気で一緒に暮らせますようにと山の神様にお願いしました 

せわしい師走ですが今週日曜日にはドッグカフェ「ローズファーム」さんで開催されるフリマイベントに参加します。最近相模原と行ったり来たりで忙しく、新しく作ったモノはこれといって無いのですが作りかけだった黒猫のミニトートバッグとX'masプリントで作るラベンダーポプリのサシェを仕上げました。手芸店で買うと高いサテンのリボンは100均のX'masリボンを利用して華やかな感じになりました

Dsc03950

Dsc03952

今週はずっとの予報です。kangooのタイヤ交換も完了、イベントの準備とぼちぼち家の掃除に取り掛かりましょうか、こんな時小さなは楽ちんです

 


| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »