« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

収穫はなんでも嬉しいもの

真夏のような暑さも落ち着いた今日は時々小雨模様でしっとり、畑にも花壇にもちょうどいいお湿りでした。

Dsc04420

アトリエログのモッコウバラがちょうど咲き揃いました。朝は日課のように庭の花に付く毛虫とアリのチェックです。酢の成分から作られた虫の忌避剤をスプレーしたり、割りばしで取り除いています。先日の時ならぬ猛暑でアリが大量発生して、ロフトにアリの大行列が出来ていました。母屋の周りはこの季節アリ〇マキラーなど撒いていますが、何故ロフトに?と思ったら天井からでした。脚立に乗りマスクをして〇マキラーをスプレーしてしばらくしたら、1.5cmくらいの大きいアリがポトリと落ちてきました。小さいアリとは別の種類かと思ったのですが、女王アリと気がつきました。たくさんのアリを産み出す女王アリは見過ごせません。他に2匹の女王アリを見つけて駆除したのですが、女王1匹にひとつの巣ということは3つの巣が室内に出来ていたのかとぞっとしました。田舎暮らしでは季節ごとに虫の顔ぶれも変わり慣れっこですが、今回のアリは最大規模でした。村友さんに教えていただいたところではアリにはシッカロールが効くとか、白い色と匂いで感覚が鈍るから嫌いだそうです。また酢と水を1:1で混ぜ合わせスプレーするのも有効だそうです。

暑い晴れの日が続いたのでニンニクの収穫をしました。

Dsc04404

引っこ抜いたらすぐ根を切ることとあったので、根を切り土付きのまま三日間天日干ししました。

Dsc04405

今年は植えた時期が良かったのか、ちゃんと追肥をしたおかげかニンニクらしいニンニクが出来ました。今日は葉を切り外皮をむきました。

Dsc04424

ネットに小分けにして入れ、風通しのいい所に吊るしました。これで自家栽培ニンニクを使って発酵黒ニンニクを作ることが出来ます。暑い夏を乗り切るために免疫力アップ作戦‼ 私は元々免疫力に自信があるので、仕事と週末漁師で忙しいとうさん用です。

Dsc04423

そうそう虫対策の強い味方、野鳥たちもちょっと気をつけていれば桂の木や畑に見受けられます。

Dsc04418

ズームで撮ったので少しボケてますが、どうやらホトトギスのようです。最近「特許許可局(トッキョキョカキョク)」と啼く声が聴こえています。ホトトギスは「托卵」といってウグイスの巣に卵を産み付けて育児を丸投げするちゃっかりした習性があるそうです。ウグイスも近くにいるようですから、ウグイスとホトトギス、背後でそんなやりとりがされているのかと想像しています。

また川崎で不条理としか思えないような事件が起こりました。平日独りで怖くないの?とよく聞かれますが、どんな人間がどんな悪意を持って近くに暮らしているか知りようがない都会の方が余程怖いです。

 

 

| | コメント (4)

5月はやっぱりこれ‼

いきなり真夏のような気温がニュースになっていますが、なにしろ当地は高原避暑地、冬が過ぎればこっちのもので快適な五月の陽光にあふれています。アトリエログの背後に広がる朴の大樹と敷地を囲む桂の木など目を上げれば緑ばかりってスゴくないですか‼ 田舎の特権です。

この時季はまだ柔らかな朴の葉で包む「朴葉寿司」を作ります。

Dsc04400

普通に見かける朴の葉は花が咲いた後の深い緑色の葉で、硬くてとてもモノを包むことは出来ません。柔らかい内の朴の葉は奈良の柿の葉寿司などと同様期間限定の優れた自然の梱包材です。ガレージ脇にある朴の木から10数枚を採り、水洗いして水分を拭き取ります。載せる具はなんでもあるものでOK、スモークサーモン以外は常備菜のようなものばかりで新生姜の甘酢漬けやごぼうの煮物、小女子の佃煮、椎茸の佃煮など適当です。

Dsc04401

二合のすし飯で15個ぐらい出来ました。いただき物のおしゃれな和菓子屋さんの箱に詰めてお弁当にし、土曜日の夜はいつも5月に案内をいただくおやじバンド・サタデーナイツのライブに出かけました。あっ、こんな時でもとうさんはしっかり金曜夜から海に出て太刀魚を釣って、ライブには帰ってきました。

Dsc04409

山をひとつ越えた市の文化ホールは彼らのホームグラウンドで、入場無料でライトセーバー(?)付きです。案内はがきなどすべて自前の持ち出しと思われ、日々の練習とライブ開催のための積立をされているとか、今年で12回目ということは50代の働き盛りの頃から頑張ってこられたのでしょう。たまたま知ってから毎回参加させてもらっていますが、年毎に観客が増えているのが身内のように嬉しく感じられます。

Dsc04411

受付でいただいたライトは説明も無いのに、もう一曲目から皆さん思い思いに振っていたり・・・でも照明がつくとめちゃめちゃ平均年齢が高い、そのギャップがなんだか微笑ましくて、会場の一段高い袖席からシャッターしました。いつものナンバーに加えキャロルの「ファンキーモンキーベイビー」とか、キャプテンKさんが是非やってみたかったという話題のクィーンのナンバーも🎶、特にキャロルはE.YAZAWAの元いたグループ、短い活動期間でしたが私世代にはどんぴしゃりなんです。親に買ってもらった中古のメタリックブルーのサニークーペのカーステレオに8トラ(とっいっても分かる人は少ないかも)を入れてエンドレスでキャロルを聞きながら走っていました、懐かしい‼ だからいまだに車好きのMT車好きです。ほぼ同じ世代のサタデーナイツの皆さんの活動は励みであり、負けちゃおれんという刺激になります。

今日は山中湖畔でロードレースが開催されていますが、標高の高い涼しい湖畔とはいえ熱中症注意でしょう‼ 前日の富士山は

Dsc04408

ちょうど満開のズミの花越しに融雪の進む富士

Dsc04407

近寄るととてもいい香りです。季節の移り変わりを感じますが、今年はとてもせっかちですね💦

| | コメント (6)

雨が降りやんだら

昨日は大雨が朝の時点で規定雨量を超えて国道、県道通行止めになりましたが2時頃には止み、今日は一転薄曇りから晴れました。日曜日に昨日のような雨だったらと思うとゾッとします。今年のカングージャンボリー2019の参加車両はカングーだけで1714台、昨年の1373台を大きく上回っていたそうです。カングー以外の車両を入れると2422台、5019人が集まったとのこと、単一車種のオーナーズイベントとしては世界でも有数の規模だそうです。わが家は2013年からの参加で、とうさんのルノー4(キャトル)と2台参加の年もありました。

Dsc04395

真ん中のキーホルダーはちょっといいお値段でしたが、革製で縫製が素晴らしく、もちろん愛車と同じ黄色を選びました。昨年カングー柄の首輪を買ったお店ではお揃いのリードを購入、近くに「カングーガチャ」のお店があったので人生2度目のガチャをやりました。6種類のカングーのどれかが出るのですが、黒いカプセルで中身は開けるまで分かりません。しかも一回400円は高い、1回目は赤いレスキューモデルが出てしまい、黄色が欲しいので思い切って2回目をやりました。400円ならお弁当が買えますし、800円ならコーヒー付きのランチが食べれます、運よく2回目で黄色モデルが出てくれて良かったです。1200円まで出す勇気は無い小市民です‼ アップリケつきトリコロールTシャツは看板娘ジュリの今年のウェアです。

今日は一ヶ月に一度のパンづくりの会で、教えてくださる方のお宅でチーズロールとクランツを焼いてきました。

Dsc04397

チーズロールは中にプロセスチーズ、ショートニングを練り込みエダムチーズをトッピングします。成型の仕方を習い、ひと回り大きいクランツはオレンジママレードを挟んで編み、型に入れて焼き上げます(直径15cmくらいになりました)。

Dsc04399

毎月お任せで、色々なパンのバリエーションを教えていただきます。ちなみに4月はイングリッシュマフィンとチョコマロンでした。

Dsc04304_1

イングリッシュマフィンは市販のパスコのマフィンと見分けがつかないくらい、型に入れて焼くパンは成型の上手下手が分からないですね。習ったパンの中から作りやすく美味しいパンが私の定番になると思います。

定番といえば、週末漁師のとうさんが土曜日沼津で太刀魚を釣ってきました。例年は6月くらいから釣れ出す太刀魚が今年は早かったようです。

Dsc04365

数えたら12匹、持ち帰るため頭を落としてワタを抜いてあり、太いのは指四本の幅があるドラゴンと呼ばれるサイズが数匹いました。昨年は太刀魚を釣りたくて独自に工夫をしていたようですから、コツを体得した結果が出たといえましょうか‼ 兄弟やご近所におすそ分けをしたのですが、関西出身の方は特に太刀魚がお好きで、食べたくてもなかなか手に入らないからととても喜ばれました。これからしばらくは太刀魚シーズンのようです。美味しく食べるレシピ募集中~‼

 

 

 

| | コメント (4)

My kangoo Jamboree 2019

日曜日は山中湖交流プラザ・きららでカングージャンボリー2019が開催され、フリマエリアに入るために早起きして6時ちょっと過ぎに入場出来ました。入場待ちの車で近隣に迷惑をかけないようゲートは5時オープンで、受け取ったフリマ駐車許可証のナンバーは96、100台にひょっとしてギリギリセーフだったのかもしれません。

Dsc04366

普段は車乗り入れ禁止の湖岸道路をぐるり廻って入場しますが、すでに相当数のカングーがずらり並んでいます。山中湖を見下ろす低山もガスって山頂が隠れているくらいでした。

Dsc04368

コンビニで買った朝食もそこそこに、なんとかスタンバイOK、看板娘もよそゆきの顔です。

Dsc04375

昨年はカングーだけで1300台超えだったそうですが、今年は更に上回ったと思われ、これだけあると一台一台見る気になれません。ずらり鼻先を揃えた車列は壮観です。

Dsc04371

思い思いに車をデコレーション

Dsc04377

ステージなどメイン会場のパフォーマンスは早くても9時からなのに、フリマの人の流れは早くて時間があって無い状態で勝手にフリマはスタートしていました。いつものようにシュナちゃんウォッチング

Dsc04369

Dsc04374

おしゃれなソフトモヒカンの2シュナちゃんは一年ぶりの再会で、覚えていてくださいました。

Dsc04378

赤ボーダーウェアのシュナちゃんとも再会です。

Dsc04381-2

小さいけれど元気いっぱい‼

Dsc04382

毛色がレバーのシュナちゃんも

Dsc04383-2

いい年のオジサンオバサンだけではなかなか話しかけたりも出来ませんが、ワンコの磁力は強力です。ジュリがカートに座っているのに近寄ってきて、ジッとしているからぬいぐるみかと思ったと言う方、触りたくて近寄ってくる小さなコも、ジュリはそれなりに相手をしていて、いつものことながら「そとづらよしこ」の本領発揮です。

今年になって知り合ったシュナ友さんがベンジャミン君と娘さんの愛犬ソルト君を連れて見に来てくれました。

Dsc04385

ベンジャミン君はまだ一才前なのに、がっちりしていてデカシュナの予感が・・・ちょっと楽しみ‼

一時雨が降ってきたり、上がったと思ったら暑くなり目まぐるしい空模様で、少しだけ富士山の山頂が現れたのはサービスでしょうか!

Dsc04370

フリマエリアに参加するようになってから、メイン会場やステージ、他のエリアを見に行くこともなく、ルノーのオフィシャルショップは並ぶのでジャンボリーTシャツを買うこともグッズも買わなくなりました。フリマだけでも充分楽しめて、色々刺激を受け、売り上げはそこそこありました。あまり売れてしまうとまた作らなければならなくなるのでちょうどいいくらい、年に一度のフリマ友だちには「また来年お会いしましょう」と再会を約束しました。今回右隣の左ハンドルのカングーは神戸・宝塚から、左隣のオリジナルマグネットステッカーがバカ売れだったカングーは仙台から来られていました。このイベントで会うカングーオーナーさん達、皆さん不思議なくらい感じがいい方ばかりで、不愉快な思いをしたことがありません。遠くから遥々駆けつけて、長い道のりをまた帰って行く、何か惹きつけられるものがあるように思います。お気に入りのMy kangooですが、このイベントに参加したいこともあり替える気になりません。

 

 

 

| | コメント (2)

準備中です

今週末は恒例のカングージャンボリーが山中湖交流プラザ・きららで開催されます。2013年からきららでの開催が確定されるようになり、毎年の楽しみになりました。今年も一応フリマエリア100台に入るため、家から15分くらいなのに早朝から出かけなくてはと思っています。

前回このイベント用に作った物でなんとか足りるのではと思い、新たに何も作っていなかったのですが、在庫を見たら毎年作っているフレンチブルドッグのトートバッグが無い、そういえばフランス車の祭典だからか毎年フレブルトートは売れます。ちょうど生地があったので急いで作りました。

Dsc04355

地色はもちろんフレンチブルーで、あとは黒と白、ピンクの端切れがあれば出来るんです。なんの変哲もない無地の生地も手を掛ければ、形あるものに変身します、手仕事の面白いところです。トリコロールカラーの持ち手を付けて出来上がり、フランス国内を走る郵便車の新旧ミニカーを並べてみました。私とジュリのカングーは旧型モデルの通称・コカングーです。

なかなか準備にとりかからなかったのは、昨年フリマを手伝ってくださった友達が2月に亡くなっていないこと、私よりもよほどフリマ大好きで、闘病中の生きがいのようになっていました。そんな彼女から預かっていた「リサとガスパール」の食器を一年ぶりに出してみました。このフランス生まれのキャラが大好きで、毎月届く領布会で集めたと聞きましたが、見て楽しんでいただけで未使用のままです。昨年はお任せしていたのでよく見ていなかったこともあり、改めて写真に撮っておくことにしました。

Dsc04360

ひとつとして同じ図柄はなくて、昨年も結構売れていましたが、オフィシャルショップでも手に入らないレアな食器だと思います。富士急ハイランドの中にリサとガスパールタウンというエリアがあるのですが、そこにもありませんから好きな方には垂涎のまとでしょう。

Dsc04361

値段をつけておかなくてはと思い、彼女ならいくらとつけるかなと思い巡らせて一応妥当だと思われる値段をつけました。この食器はカングージャンボリーだけで出しましょうと言われていたので限定品です。食器棚に眠っているよりも若いファミリーに使ってもらえれば持ち主にも喜んでもらえることでしょう‼

Dsc04362

リサとガスパールって何もの?犬ではないようで、自分より大きな黒い犬をペットにしている図柄があります。

Dsc04363

親子用ペアのエプロンもあります。カングーをファミリーカーにしている世代は30~40代のようで、こども2人くらいにペットプラス1でしょうか! もちろんわが家のような例もあり、ワンコ率が高くシュナちゃんとの出会いも楽しみです。今のところ日曜日の天気予報は☀/☁、昨年は昼頃から☔になり慌てて撤収しました。全国から遥々やって来られる皆さんに真正面の富士山を見て欲しい、せめて2時くらいまでもってくれたらと思います。ですから洗車のタイミングが難しい、なにしろ私が車を洗うと降るという洗車あるあるが・・・😃

| | コメント (4)

文字通り歯は命

令和もスタートし、連休も終わって、のんびりする間もなく2月に治療したジュリの歯の健診に行ってきました。埼玉県上尾市のF動物病院までわが家から106km、約2時間の中距離ドライブです。高速を下りたら一般道が通勤時間帯に当たるため、早めの6時台に家を出たのですが、外気温6℃と寒いくらいでした。

軽く麻酔をかけて治療した部位をレントゲン撮影するために朝食は抜き、食いしん坊のジュリには一番辛いのですが仕方がありません、吐しゃ物を喉に詰まらせたら歯どころではなくなってしまいます。犬の口腔歯科専門の治療が出来る病院とあって、待合室で流れている映像がためになります。

犬の歯の質は虫歯にはなりにくいけれど、歯垢が歯石になるのが人間の5倍とめちゃめちゃ早く、歯垢の内に手入れすれば取り除けるのですが、歯石になってしまったらブロに任せなければ除去出来ないレベルになってしまうそうです。歯石がついた歯は更に歯垢がつきやすくなり、成犬の80%は歯周病だと聞くともうどうしましょうという感じです。歯周病が進行すると抜歯しなければならなくなり、口臭が酷く膿が出て顎に穴が空いてしまうこともあるそうです。

Dsc04349

幸い治療していただいた箇所も他の歯も大丈夫で安心しましたが、毎朝自分の歯みがきよりまずジュリの歯みがきチェックしています。人間と同じで定期的に歯の健診を続けていれば、歯周病から派生する他の病気も予防出来ると思っています。

Dsc04350

着せ替え人形のように着飾るよりも、まず歯の健康を考えてあげることが一番本犬のためを思う愛なんだと改めて感じつつ帰ってきました。

そうそう川越や狭山などからぽっかりと富士山が見えるのに気がつきました。「なぜ?」と思ったのですが、地図を思い浮かべれば。、なるほど高い山も高層ビルも無いのですから離れていても見えるわけです。

今日は朝から庭仕事をし、気になっていた諸々を片づけました。とうさんはまたまた日本海側に遠征して留守なので、マイペースで進められるのがいい、私が外で一日ウロチョロしているので巣に出入りするシジュウカラやヤマガラのつぶやき(?)が聞こえていました。

Dsc04351-2

ヤマガラのペアは向かって左隅に巣の資材を口に咥えて運びこんでいるようです。ここの住人は心優しい人だから巣づくりがんばれ~‼

 

 

| | コメント (6)

階段リニューアルⅡ

母屋ログの階段も新しくなった連休最終日は、オマケでアトリエログのミニ階段もリニューアル、いつもの如く朝食後早速に・・・片づけをしながら外を見たら、すでに古い階段は外されていました。

Dsc04339

階段を撤去した場所は均して、適当な支柱を取り付け

Dsc04340

階段用に買った丸太がまだ残っており、半割ではなく太鼓挽きの二段ステップになりました。仕事が早いのはいいのですが、塗装担当の私を待たずで、後から塗装することにしました。昨日午後ダークオークで一回塗りをし、今朝ジュリが朝寝坊している間に二回目を塗っておきました。

Dsc04344

昼から雨が降り出しましたが、塗料が乾いてばっちり撥水しています。撤去した幅が細いステップより安定していていい感じです。連休明けはしっとり雨もいいのですが寒くて、洗濯物も乾くので薪ストーブを焚いています。

Dsc04343

家から見える山の斜面には淡い新緑の所々に山桜の薄桃色が望めますが、この季節のこのロケーションはここを終の棲家に選んで良かったことのひとつです。

Dsc04341

毎年秋にチューリップの新種の球根を買うのですが、最近のチューリップは色も形も豊富で、春になると約束のように咲いて楽しませてくれます。畑と庭仕事スタートです。

| | コメント (6)

休みの日こそ忙しく

姫路のブロ友さんを訪ねて、二晩家を留守にしただけなのにこの季節は庭に少しずつ変化が見られました。

Dsc04325

クラブアップルの花が咲き始めていました。ターシャさんの愛したこの木はどうやら当地に合っているらしく、春を告げていち早く鮮やかな花を見せてくれます。

Dsc04328

わが家のシンボルツリー朴の木も芽吹きの時を迎えていました。桂の新緑もこの時季だけのいい香りです。

今日はのんびりとはいかず、姫路のログビルダーDraさん京都の亀仙人さんに刺激を受けたとうさんは、朝食後以前からやろうと思っていた母屋の階段の取り換えをやりだしました。ずっと前に森林組合から譲ってもらったステップ用の半割は塗装済、支柱は腐らないよう枕木をカットして組み立てて設置するばかりになっていました。今までの階段はログの余った部材で作ったもので13年目、一番下の段半分が傷んできていました。古い階段を撤去して整地し、上段から合わせていきます。

Dsc04330

適当に合わせるのは得意中の得意‼

Dsc04333

二段目設置

Dsc04337

三段目を固定して完了したのはまだ午前9時前でした。やり始めると仕事が早いのですが、今回は特別旅行効果にほかなりません。独り言ですが、私朝食の片づけをしながら洗濯をし、ジュリの歯みがきをしつつ、外した跡の支柱に防腐剤を塗るって忙しいです‼ おまけに新潟で釣ってきた鯵を海水濃度のつけ汁につけてから干します。午前中はなんとか晴れるものの午後からは大気の状態が不安定になるとの予報でしたから、干す時間から逆算すると9時台には天日干しスタートしたいところでした。いつもの光景ですが

Dsc04338

階段取り換えも鯵の干物も雨が降り出す前に完了しました。明日はプランターの土を日光消毒したい、畑を耕して野菜苗の植え付けまで出来れば上々です。

 

 

| | コメント (6)

遠くて近いブロ友さん

昨年12月に開店した姫路の「尾の花キャビン」さんはピザとライブが楽しめるアットホームなお店、定年後セルフビルドで、しかもご自分の山から伐り出した材でコツコツとログづくりを続けてこられたご夫妻の集大成とも言えるお店に思い切ってお邪魔してきました。わが家からは最速ルートで520km、6時間半ですが、連休中で予測がつかないから近くまで走っていようと前日出発して、途中PAで仮眠をとりました。せっかち夫婦は遅れるのが嫌いなんですが、早く着き過ぎてしまいました。

出来上がっていく過程をずっとブログで拝見していたログのお店は、入口のドアも階段、スロープも他には無いオリジナルです。初対面なのにハンドルネームDra&長靴さんは親しく笑顔で迎えてくださり、ログ友・亀仙人さんファミリーとも親戚の集まりのようなものだからと(メチャ嬉しい‼)営業日ではないのにお店を開けてくださいました。内装もまた素敵なので写真を撮らせていただきました。ライブスペースは

Dsc04310

白い壁面はDraさんのご趣味の水彩画の額が掛けられギャラリー風です。

Dsc04311

一枚一枚の絵のこともお聞きしたかったのですが、とても落ち着く雰囲気です。

Dsc04313

厨房入口傍の薪ストーブは設置もすべてご自分で、ログもですがカウンターはじめ内装の仕上げが半端なく、赤いドアのトイレも立派なものです。木を惜しげなく使った建物はジュリも落ち着くのか、特別にお店に入れていただいて床が気持ち良かったのでしょう、皆さんに可愛がっていただいてすっかりくつろいでいました。

Dsc04318

そうそう肝心のピザはメニューの各種を次々に焼いていただきました。季節の筍とワラビをトッピングしたちょっと和風なピザをはじめ定番マルゲリータ、ホタテとエビ、マイタケを合わせた魚介のピザ、お手製オイルサーディンの特製ピザ、ベーコンとサラミのピザや持参した新生姜とジャコをトッピングした生姜のピザもお試しで焼いていただきました。メープルシロップを掛けていただくデザートピザは今度真似させていただこうと思いました。どれも美味しくて食べるのに夢中で、気づけばピザの写真は一枚だけでした。

Dsc04316

もちろん石窯は手づくりで、ただいまタイルでおしゃれに変身中でした。

Dsc04314

思い描いていたより大きくて、ガンガン温度が上がっているのにタイルは全然熱くありません。長靴さんお手製のピザ生地は短時間でふっくらと焼き上がります。業務用の厨房機器が並ぶ厨房は作業の動線がよく考えられていて、水周りの工事もセルフとは参りました。

Dsc04317

ピザばかりでなくスィーツづくりもお得意な長靴さんのストロベリームースとバニラアイスもいただきました、お腹一杯と言いながらペロリでした。

お会いしたDraさんはなんでも出来るオールラウンダーで趣味人、長靴さんは最近よく耳にする「美し過ぎる○○」なんて言われそうな素敵な女性で、お似合いのとても仲の良いご夫妻でした。昨年7月の開店予定間際に脳梗塞を発症し闘病、リハビリを経て奇跡の復活をされ、半年も経たずにオープンをされたのには驚きました。強い意志を持って「願えば夢は叶う」を実践された素晴らしいお手本です。土日の営業日にはお客様でてんてこまいされ、生地がなくなり次第閉店だそうですが、リピーターも続出すればなかなか食べれない特別なお店になりそうです。ブロ友・亀仙人さんとも再会でき、ふたりの孫ちゃんの成長にびっくりしたり、亀さんのブログに時折登場する盟友鍋ちゃんもお会いできて、更に親しみがわきました。思い切って、行って良かった「尾の花キャビン」さんに感謝です。

その日一気に帰宅は厳しいと思い、琵琶湖畔のワンコ同伴可のキャンプ場にぎりぎり予約を入れていました。湖西道路が渋滞して薄暗くなってからやっと到着し、久しぶりに山岳ベース用のNORTH FACEのテントを張りました。翌朝は

Dsc04319-2

一夜明けて、ジュリは美味しい安納芋をたくさんもらう夢を見たのかな‼ 楽しかったね🎶

| | コメント (8)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »