釣り人ブログ

の月曜日、肌寒く季節が1、2ヶ月戻ってしまったかのよう、薪ストーブに火を入れ少しずつ燃やしていました。暖かい空気が循環しているとワン達が気持ち良さげに昼寝をするので片づけ仕事がはかどるんです

とうさんは土日テンカラ釣りの仲間とN川に渓流釣りに出かけていました。藤の花が咲く頃がテンカラ釣りには絶好の季節で以前から楽しみにしていた釣行計画でした。GWが終わって母屋のロフトの天井張りを週末2週かけて完了しました。建てた当初は週末暮らし用でその内やろうと思っていた天井張り、今回の大震災で宮城にある断熱材の工場が水害に合ったという事情もあってやっと見つけたグラスウールは韓国産でした。

001

杉の羽目板材を使った天井、これで梅雨時発生するヤスデ対策もOKです

テンカラ釣りを愛するいい大人達の楽しい釣りの様子は・・・メンバーのテンカラ職人のぶじいさんブログ略)すとまじテンカラ部 とたけじさんのブログ多摩とキャンプとテンカラと に詳しいです。これ以上ないというほどシンプルな釣り「テンカラ」の釣り人ブログ、人生に遊びは必要です。遊びが多すぎても忙しいですけどね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブログ開設1周年

昨年7月に村でも光通信が可能になり、ログ建設も佳境に入ったところでブログを始めました。今日でちょうど1年、記事もちょうど300件を数えました。

習慣で毎日のように見てくださる方、ささやかな田舎暮しを気にかけて時々アクセスしてくださる方、ありがとうございます

012

ある時配達に来てくれた運送屋さんがログ作りに興味深々であれこれ質問され、ブログのURLをメモしてお渡ししたのがきっかけで名刺を作りました。この名刺も時々出番があります。

このところ連日午後からはになっています。1年前の今頃こんなに暑かったかな~と以前の記事を読み返したりしています。文字どおり日記のように・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お気に入り

最近パソコンの調子が良く(普通は当然のこと)、ヤフオクに夏向きの山用品を出品していて質問への対応や連絡などでいつもより頻繁にチェックをしています。

毎日見るのはお隣の山中湖村の『絶景くん』。山中湖村の交流プラザきららからのの映像が24時間2分毎に更新されています。くじらのような形をした山中湖の尻尾の付け根辺りに位置するきららは野外フェスやイベントの会場になり、富士に対してさえぎるものがない広々としたスペースでわがからは20分くらいです。

今朝は富士山がくっきり見えていて、気温13℃で同じくらいでした。峠を越えた向うはどうかなみたいな感じで見るのが習慣になっています

「ベストショットギャラリー」で四季折々の美しい富士を見ることもできます。私的には10月のすごい夕焼けと山肌が立体的に映る赤富士、2月のダイヤモンド富士(画像を大きくすると湖岸に立つ人々が黒いシルエットになっている)などがお気に入りです

今日は画像はなし、試しに『絶景くん』を覗いてみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Only One

Only One
Only One

本日の昼の気温19℃、桜咲く頃の暖かさに屋根に残っていた雪も一挙に落ちてなくなりました。

ブログをにしてくれるサービスがあり、表紙に希望の写真を入れて作れるキャンペーン中の1月に思い切って依頼しました。思い切ってというのは、手作業の特注になるからとても高い本になるからですが、3週間ほどでできて送られてきたはハードカバーサイズ160ページの立派な1冊です。巻末にログハウスができるまでのアルバムを差し込んで、2009年版わが家の足跡にと考えています

Only Oneですが、これは完結編ではなく引き続き書き加えていく1冊です。

それにしてもパソコンの修理がまだできません。 携帯からブログ更新できるといっても何だかレーダーだけで海底を航行する潜水艦みたいな気がします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ小説

このブログはniftyのココログで更新していますが、お知らせ欄で『オカンの嫁入り』映画化決定の記事に惹かれ、日本ラブストーリー大賞ココログ賞を受賞したという小説を読みました。ブログを書くように小説が書かれ、読者が増え文庫本になり、映画化2010年秋公開だとか・・・。キャスティングを見れば制作会社の力の入れ方が分かるとすれば、宮﨑あおい、大竹しのぶが母娘役というのは豪華キャストといえるのでしょう。

彫刻刀を持つ手をやすめてなにげなく読み始め、ついつい日を追って読みきってしまいました。優しい人たちばかりの切ない物語・・・です。最近は涙腺が弱くなってティッシュの山ができてしまいました。

002 物語の世界に浸った後はシャキっとするため生姜紅茶を入れてみました。スライスして乾燥させたものを使う淹れ方、すりおろしたものを入れて漉す淹れ方など色々あるようです。蜂蜜を入れたせいか色が濃い目ですが、狙い通りスパイシーな飲み物になりました

息子は関西には全く縁がないのにいつの頃からか私のことを「おかん」と呼んでおり、私もそう呼ばれることが結構気に入っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)