お薦めレシピ

最近気に入って何回も作っているタケノコのレシピをご紹介します。「タケノコのメンマ風炒め煮」、簡単にささっと出来てとてもご飯がすすみますdelicious

002

タケノコの水煮にした根元約200gは繊維に沿って短冊切りにします。熱したフライパンにごま油を入れタケノコを中火で1分程度炒めます。合わせておいた輪切りにした赤唐辛子少々、砂糖小さじ1/2、しょうゆ小さじ2、オイスターソース小さじ1、中華スープ液体1/2カップを加えて煮立たせ、弱火にして7、8分、時々かき混ぜながら煮て煮汁がほとんどなくなったら出来上りですup。分量は約2人分、1人分は70kca、塩分1.4gです。

毎年この季節に気に入っているわらびのレシピは「わらびのたたき」、ぬるつるモノはあまり得意ではないのですが、この食べ方は好きですdelicious

006

アク抜きしたわらびの真ん中あたりの部分を繊維をこわすようにたたいたり刻んだりしてぬめりを出します。その上にすった長芋を載せポン酢か三杯酢をかけていただきます。これも春限定の簡単な一品です。

わらびは先日ホームセンターで見つけた根を植えてみました。条件的には合っているはずなので自家栽培のわらびも夢じゃない←いつもの楽天主義でもうできたつもりですwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タケノコの保存

薪運びでいただいて来た掘りたてのタケノコは昨日2個の寸胴鍋で下ごしらえしました。糠と赤とうがらしを入れて茹で、冷めるまでそのままにし、保存容器に酢を少々入れた水に浸して冷蔵庫へ・・・。タケノコの水煮も国産は高くて、中国産は安いのですがあまり買いたくない、たくさんのタケノコの水煮はなるべく長く保存したいと思い、真空パックにしました。

040

真空パックにして野菜室に入れておけばかなり保存できます。ただ水煮のままやろうとしたら水分がシール部分に上がって2回ほど失敗down、水分を充分切ってからなんとかパッキング出来ました。専用ロールは消耗品でもったいないので、水煮のままの状態でキャニスターに入れて真空パックにしてみました。いつもカレーや豚汁の保存に使っていて何度でも使い回しができるので便利です。

039

昨夜は根元の部位を輪切りにしてタケノコステーキとタケノコのおかか煮を作って食べました。

スーパーでもらえるフリーペーパーは季節ごとの旬の食材レシピが載っていて時々参考にしていますが、ちょうどタケノコレシピが色々載っていました。

041

042

今夜は週末でとうさん帰宅日ですからタケノコご飯とかつおのたたき、タケノコステーキに自家製椎茸の焼き物など。目先を変えてしばらくタケノコ料理を楽しみたいと思っていますdelicious

今日は雨でしたが桜が満開になりました。庭の富士桜はあと数日で満開です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ぜいたくゆずポン

今日は晴れているのに風が冷たく、外に出ていると指先が冷え冷えsad、こんな日は家の中で出来ること、頂いた柚子で「ゆずポン」を作ることにしました。作り方はありがたいことに昨日アップされた亀さんブログを参照させていただきました。

002

柚子の表皮はそいで冷凍用に、果汁は搾って500ccを確保(柚子はまだまだあります) 、醤油500ccと味醂120cc、だしに昆布とかつおぶしを加えて(亀さんレシピのパクリ) 混ぜ合わせておきました。後は漉して壜詰めします。

ちょうどジャムがなくなりそうなので真空冷凍パックしておいたブルーベリーを出してジャムを煮ることにしました。ウチのブルーベリーは不作でこれは忍野村産です。

001

薪ストーブの火も有効活用、お鍋を載せておいて時々見るだけですから簡単ですhappy01

004

合間に図書館で借りて来た本を読み、美味しくできた干し柿でお茶japanesetea飲み・・・んふふ、これぞお気楽主婦生活scissors

かくしてゆずポン1Lとブルーベリージャム2.5壜ができたのでした。takaさんも減塩ゆずポン作ったかしらsign02

009

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桃切りました

桃をいただきました。しかも山形蔵王を望むフルーツ街道から直送の「黄金桃」、白桃より少し小ぶりで果肉は黄色、実が柔らかいのにしっかりしていて白桃より日持ちが良い綺麗な桃です。

001

入院中の義母のお見舞い用にすぐ食べれる桃のコンポートを作ろうと思い、色々レシピを検索していたら「桃の切り方」を見つけました。いつも適当な切り方で種の周りの果肉がもったいない、なにかいい方法はないものかと思っていましたが、これは「目からウロコ」の切り方でした。

002

まず縦に包丁を入れ、種に沿ってぐるりと切り目を入れます。

003

両手で持って逆方向にねじるとupwardleft のように半割になります。種を取り除き更にカットして皮をむきます(山梨原人は皮をむかずに食べるという噂もありますが)。

006

無駄なく果肉だけを綺麗に切ることが出来ました。ひょっとして私だけが知らなかっただけかもしれませんが、いいことをひとつ覚えました。特にこの黄金桃は離核といって種がはなれやすく、ぴったりの切り方です。味はマンゴーに似ていると言う方もいるそうですが、たしかに食感もマンゴーに似てコクのある甘みの美味しい桃です。今年は気象庁も「異常気象」と認定した厳しい条件の元で収穫まで丹精されるのはご苦労があったことと思いながら、確かに美味しいものはいつでも幸せな気持ちにしてくれますねdelicious

| | コメント (6) | トラックバック (0)

シソジュース出来ました

昨日七夕は村の村長選がありました。現職と元村議の一騎打ちで村を二分する激戦だったそうで、わずか35票差で新人の方が当選したようです。人口1900人の村の有権者数は1620人、新聞発表では投票率はなんと94.69%だったそうですwobbly。ということは棄権した人は86人、地縁血縁で驚異的な投票率ですが国政選挙ではこうはいかないと思います。

私もお世話になっている工務店さんやクラフト仲間の繋がりでどちらからも声を掛けられていてもちろん投票に行きました。村政の今後に注目していこうと思っていますthink

今朝は涼しい内にワンたち散歩を済ませ庭と畑の水やり⇒BSプレミアム7:30から「あまちゃん」を視ながら朝食⇒畑に自然に生えている赤紫蘇と青紫蘇を採りました。

002

鮮やかな色は赤、成分は青紫蘇が優れているそうで、ほぼ半々の量を使い、あとは砂糖とクエン酸少々で出来ます。立派なきゅうりが葉の影に隠れていました。葉の選別と洗うのが少し面倒ですが、自前のシソジュースを作るため手間を惜しまずですsweat01

005

2.4Lの濃縮ジュースが出来ました。私は炭酸で割るのが好きですが、牛乳でも水でも可、さっぱりしたシソジュースは夏らしい健康ジュースですdelicious。紫陽花の葉をコースターにしてみました。

003

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スローフードあくまき

週末は天気の回復を待って母屋塗装の続きを計画していたのですが、予報がハズレてやっと雨があがったのはお昼過ぎでした。作業も半端なのでワンたち散歩と「紅富士の湯spa」で骨休めしてきました。ちなみに積雪の富士が赤く染まった状態を紅富士、雪がない夏の富士が赤く染まったのを「赤富士」と云いますfuji

009

山頂付近の雲がなかなかきれませんでしたが、富士山の雪も随分融けて五合目より下の樹林帯は緑が一層濃くなったように感じましたclover

いつも親しくしていただいているNさんご夫妻の奥様の故郷奄美のお菓子「あくまき」をいただきました。あくまきは灰汁巻き、灰汁につけておいた餅米を竹の皮に包んで茹でた餅菓子です。べっ甲色でもっちりとした食感にきな粉や黒蜜をかけて食べるそうで、ミネラル豊富なアルカリ食品らしく、美味しくて身体にも優しいスローフードだそうです。

006

もっちりなので包丁ではべとついてダメ、糸を使うとすっぱりと切れます。きな粉と黒蜜をかけるところは山梨の信玄餅にも似ています。私の出身地静岡の安倍川餅はやはりお餅にきな粉をかけるお菓子ですし、以前山形出身の方から同じようなちまきとウグイスきな粉をいただいたことがありました。あくまきは秀吉の朝鮮征伐の際の兵糧だったとか西郷隆盛が西南戦争の保存食にしたとか受け継がれてきた食べ物のようです。濃い目に淹れたたっぷりの緑茶japaneseteaとカナダで買ってきたメープルシロップではなくバーチシロップ(白樺)があったのでかけて美味しくいただきましたdelicious

今きな粉は注目されている食品のひとつ、きっと少しずつ形を変えて日本全国に同じような食べ方が伝承されてきたのではないかと思います。あなたのお近くではどんなスローフードがありますかsign02 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーヒーチキンなど

昨日の雪から一夜明けて、朝は雨でしたがやはり白い・・・2ヶ月前の景色ですsnow。窓を開けて一番に目につくガレージの草屋根はチューリップもtuliptulip

015

ムスカリも

016

午後雨が上がり雪は融けましたsweat02

村友Yさんから教えていただいた「コーヒーチキン」が美味しかったのでレシピを紹介します。簡単でおつまみの一品にも、お弁当のおかずに作りおきも出来ますのでお薦めですgood

022

①鶏ムネ肉200gを観音開きにし、手前からくるくる巻いてタコ糸で縛る。

②鍋に水500cc、インスタントコーヒー大さじ2を入れて強火で沸騰させたらトロ火にしてムネ肉を入れる。

③途中ひっくり返して片面10分ずつ煮たら火を止め、粗熱が取れたら保存袋に入れる。

④鍋に砂糖大さじ2、醤油100cc、酒50cc、酢大さじ2を入れ砂糖が溶けるまで火にかけつけだれを作る。

⑤たれの粗熱が取れたらムネ肉の保存袋に流し入れ、空気を抜いて冷蔵庫で一晩おいたら出来上り。

moneybag ピンチの時のお助けメニューにも、お試しくださいdelicious

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ボ~ノ、ボ~ノ!

雪の予報に反して夜半から雨音高く、雨の朝にちょっと拍子抜けしました。薪ストーブが一日着いているので、冷蔵庫の在庫一掃を兼ねてミネストローネを作りストーブトップで煮込むこことにしました。

011

少しのつもりがいつでも一度に食べ切れない量になってしまいます。おでんとかカレー、ビーフシチュー、豚汁などたくさん作ると美味しいけれど、次の日の昼も、また次の日も温めてとなるとちょっと飽きてしまいます。昨日真空パック機を出したついでにキャニスターをセットして脱気→保存して、次回手抜きと悟られない楽ちん温めるだけ料理の在庫に。

014

三連休は出稼ぎとうさんも夕方からバーボンなんぞを出してきてのんびりモード、わが家の「急なお客さま用メニュー」の「冷凍・殻付きムール貝のガーリックバターソース煮」を作っておつまみに・・・  大きな食品スーパーなどで扱っていますが、チリ産のムール貝が調理済でレンジでもフライパンでも数分で温め完了、450gくらい入って食べ応えがあり何より安いのがエライup、ソースが美味しくてイタリアンのお高いお店restaurant(最近あまり行ったことがありませぬ)にもひけをとらないと思います。

016

先日BSのイタリア旅紀行みたいな番組を視てからムール貝を食べる時に真似している食べ方は、中身を食べて空いた貝をフォーク代わりに持ち貝の実を挟んでつまみ食べるというもの、おまけにナポリっこになったつもりで「ボ~ノsign03」(美味しい)とか言いながらdeliciouswine・・・平和でノー天気な夫婦でしょうかsign02 ですねぇやっぱcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

簡単美味しい

「大根持っていくかいsign02」なんてありがたい声を掛けていただくことがよくあります。大根は新聞紙で包んで野菜保管庫に入れておきますが、丸々1本を使って簡単にできる大根の漬物をご紹介しますhappy01。この大根、昔の女学生の足みたいですね。

002

大根1本、砂糖200g、酢100cc、塩13g、ジッパー付き保存袋と今回は柚子。この辺りでは柚子が採れないのでスーパーで買ったら高知県産の柚子1個198円もしましたmoneybag

砂糖、酢、塩、柚子の表皮の千切り少々を袋に入れて混ぜ合わせ、適当に切った大根を入れてほぐほぐして冷蔵庫の隅に入れて数日待つだけです。

003

大根から出た水分と調味料が合わさって透明な液になり全体に浸透、少し甘めのシャキシャキとした歯触りのお漬け物が出来ます。

005

塩を塩分半分の「やさしお」にすれば塩分の気になる方にもいいと思います。簡単で意外に美味しい、お試しくださいませgood

電気料金の検針表って詳しく見たことがありますか?わが家は母屋、アトリエログ、露天風呂の東屋と木工作業場のそれぞれで電気を使いますので30Aの契約をしていますが、今月分が5800円程、前月より100円増えていましたが、なんと使用量は昨年同月比で24%も少なくなっていました。

006

東京電力管内だけでしょうか、検針表に前年同月比が自動的に印字されてくるのがすごいなぁと思います。このところ工事も一段落して電動工具の使用が減って、照明もLED電球にしたし何より部屋数少なく無駄がないから、節約している意識はないのですがエコなのかもですconfident

| | コメント (10) | トラックバック (0)

季節ごとの贈り物

夕暮れが早くなる季節、若い頃はもの悲しい気持ちになったものですが、最近は別の淋しさを感じるようになりました。夏の間毎日のように収穫できた夏野菜もそろそろ終わりですend。小さな畑で少しずつ種類多く植えて、モロヘイヤやツルムラサキなど新鮮な青物がいつでも採れるのはありがたく、さて今日は何を食べようかと考えるのも夏のささやかな楽しみになっていました。

キュウリやトマトは終りインゲンもそろそろ、長ピーマン、オクラはもう少し、菊芋はそろそろ花がつき、丈高くなった紫蘇は花が咲いて実を採るタイミングです。今日はrainで、昨日ざっと切っておいた紫蘇の穂をしごいて実を選別しました。細かい作業なので雨の日に向いています。

002

アク抜きをして醤油漬けにしてみました。醤油だけではなく日本酒、味醂、ダシを合わせますが、市販の麺つゆを使えば更に簡単です。紫蘇はまだまだあるので手間だけ、塩漬けにすれば半年から1年は保存が効くので塩漬けも作っておこうかと思います。

006

紫蘇の傍のバジルももう整理する時でドライバジル用に乾燥させました。

001

ミルで挽いてほぼ粉末状にして保存します。挽いたばかりのバジルは抹茶のような色で時間が経つと濃い色に変わるようです。挽きたてを混ぜ込んで食パンbreadを焼きました。

004

形はともかく外はカリっと中はしっとりタイプなのでサンドウィッチにしてもok、トーストすると香ばしくてひと味ちがいますdelicious

ジャム用の食べれるほおづきスィートキャンディーとワイルドストロベリー、インゲンとズッキーニ、ピーマンなどは冷凍保存袋にパックして何袋も冷凍専用庫に収まっています。夏の間きゅうりや茗荷など漬け物類は買いませんでした。やっぱり食べれるものが収穫できるって素晴らしい、豊かな気持ちにしてくれますclover。さてさて次はナメコの出来が気になりますmaple

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧