石窯崩壊

昨夜の地震の震源は静岡だそうで、近かったせいか東北地方太平洋沖地震より激しい揺れで食器棚の中で物が移動して落ちて割れる被害がありました。割れ物を片づけ、上から落ちそうな物を降ろして寝ましたが、しばらくは揺れが続いていました。今朝のこと、玄関近くのテラスに置いてある生ゴミ処理機「バイオ君」が少々前進していました。食器棚と同じ向きだったことから東西に横揺れしたと思われます。

いつものようにkattiiと朝の散歩をして帰ってきて石窯が崩れているのに気づきました。

005

上のアーチ状の部分です。重い耐火レンガは割れている物がなく、間を固めたモルタルが割れたようです。母屋ができた時に即行で造った窯で、またその内造り直そうかと言っていたので、「壊す手間がちょっと省けて、また造る楽しみができたね!」ととうさんなら言うはずです。食器も「どうせ100均だから選ぶ楽しみができたモン!」と私も言っちゃいますcoldsweats01

独りで心細くないのと心配してくださる方がいますが、衣食住すべてを担いで山に登っていた経験から自分の始末くらいは大丈夫、サバイバルは得意分野です。とうさんも熊の気配あるような渓を独りで歩いていた人ですからもちろん心配なしです。

風は強いものの晴れているので、畑の寒冷紗を外して液状肥料を畑の葉物に撒きました。久々のkattiiねえさん登場(写真の撮り方で顔が大きい)、柔らかそうな鳴沢菜とほうれん草を摘まむつもりなんですcoldsweats01

002

| | コメント (4) | トラックバック (0)

計画停電

わが家は第4グループで午後1時半から停電かと思われたのですが、その時間帯は回避できたようです。停電準備としてはまず冷蔵庫と冷凍専用庫の対応です。買い出しは週イチペースで、下ごしらえをしたり小分けにして冷凍して食品のやりくりをしていまからすぐに買物に走らなくても1週間以上は困らないくらいの用意があります。

大事な冷凍庫対策でだいぶ融けましたが先日の雪の残骸を利用することにしました。

001

のこぎりのようなモノはスノーソーといって雪のブロックを切り出す時に使う山道具です。3cm厚くらいの板状に切り出して大きめのジップロックに入れてとりあえず大きい冷凍専用庫に入れました。停電になる前の冷蔵庫に移して開閉を控えれば停電時間くらいは問題なしです。雪洞を掘るような冬山に登ることもなくなっていますが、たまに山道具が役立つこともあるようです。

電気ポットもないしご飯は炊飯器を使わないし、暖房は薪ストーブ、昼間はテレビはつけないし情報は2wayラジオの乾電池残量を確認済。村には信号機は2ヶ所だけで平日は交通量が少ないので混乱はないようです。便利ではない田舎は不便な状態には強いのかもしれませんconfident

夕方散歩で出光のスタンドgasstationに給油待ちの他県ナンバー車が並んでいるのを見てガソリン売り切れの影響を実感しました。小耳にはさんだところによると今日の分はなんとかあるけれど明日は?だそうです。

被災地が朝夕あまり冷え込みませぬように、捜索活動の成果がありますように祈りますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

未曾有

「未だ曾つて有らず」の大災害、刻々と更新される被害の大きさにためいきと共に感覚がマヒしてしまうような気がしています。全容は1週間後、2週間後sign02 津波や火災から逃れても被災者さん達の生き抜くため、元の暮しを取り戻すためのこれからを思うとたまらない気持ちになります。やはり義援金という形ができ得る一番有効な方法かもしれません。

東北の春は梅。桃・桜が一度に咲くGWの頃、今年の春は花どころではないかもしれませが、わが家の地続きに梅の蕾がありました。

001

どんなに暗く凍える夜があっても明けない夜はない・・・です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震お見舞い

当地でも随分揺れましたdanger。テレビをつけたら信じられない映像が、9.11の映像もショックでしたが信じられないような速さで田畑や建物、道路をのみ込んでいく様はリアルタイムで進行しているとは信じたくない出来事でしたthink。流されていく車のドライバーはいち早く避難されたのだろうか、ひとたまりもなくのみ込まれてしまった家の住人は・・・

とうさんはいつもより30分ほど遅れて無事帰宅できましたが、相模原は停電で信号は交通整理が出ていたようです。地震には強いと云われるログハウスですから固定してない食器棚の中の食器が少し動いたくらいで特に被害はありませんでした。セルフビルドしたアトリエログも初めての長く強い揺れでしたが鍵をかけていないドアが開いたくらいで異常なく、耐震性はどうやら合格のようです。

まだ寒い季節に突然の災害に合われた方々を思うと胸が痛みます。 これ以上被害が拡大しませぬよう、災害支援が円滑に進みますよう何かできることがないかと考えます。決して他人事ではないのですから・・・think

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラリーニッポンで事故

昨日4日目のラリーニッポン、秋晴れの京都・下賀茂神社に無事ゴールされたのではとニュースをチェックしていたら3日目の朝死亡事故が起きていたことを知りました。

穴水というと金沢でしょうか! カーブで対向車線からはみ出してきた車と正面衝突、ドライバー死亡、助手席の方は怪我をされたそうです。参加車両はほぼ年式が古い順番にゼッケンがついていて、シングルナンバー9番のMERCEDES BENZ 170V CABRIOLET A  1937年式の動く芸術品のようなクラシックカーでした。黒とあずき色のカラーリングは山中湖畔でデジカメを撮り出している間に走り抜けていった1台の中にいらしたように記憶しています。あれだけの車ですから良好な保管場所と定期的なメンテナンスは欠かせず、ラリー当日を迎えられていたと思われます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、お怪我をされた奥様が心身共に一日も早く回復されますよう心からお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日常の外

今朝起きて一番にしたことはとうさんが釣ってきた岩魚fishの処理、昨夜とりあえず保冷剤を入れてありましたが、今日食べる3匹(kattiiは白焼き)はそのままに、残りはお味噌を日本酒で溶いたものに漬けて1週間ほどで美味しくいただきますdelicious。どれも姿勢のいい岩魚たちです。

001

食べ応えがあるのは尺超えの岩魚ですが、美味しいのは八寸から九寸くらいです。山のモノには海の塩、海のモノには山の塩といいますから、岩魚には日本海笹川流れの塩なんかがいいかもしれません。味噌は保存用にもなりますが、即席みそ汁生みそタイプの味噌(携行が楽)を岩魚の腹と背に塗って焼くのもお薦めですgood

先日沢登り事故の救助隊が二重遭難した奥秩父のブドウ沢で取材に入ったマスコミ2名が遭難、死亡が確認されたとのニュースがありました。死者にムチ打つ訳ではありませんが、なんとも無為な死だと思いますthink。同行したガイドがあまりの軽装備に引き返させたのに更に2人で出て遭難したとか、奥秩父の沢は谷が深く、ヌルけて滑りやすい岩質の場所もあり、一旦降られるとたちまち濁流に変わることもあります。ブドウ沢はグレード2級の沢で全くの素人が軽装備で入渓するような沢ではありません。無知故の無謀、命と引き換えるほどの取材などないはずですannoy

日常生活の外には人が立ち入ることを容易に許さない場所があります。厳冬期の雪山もそうですし、天候ひとつで状況が変わる沢も同様です。普通の山歩きでは飽き足らずその世界に足を踏み入れるためには臨機応変に動ける体力、知識、技術を総動員する必要があり、それは即席では無理なことです。

昨日とうさんが入渓した川も下流域とはいえ切り立った逆層の岩壁が連続する箇所があったようです。源流釣り師も経験と総合力が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷河特急

スイス氷河特急trainの脱線事故をワールドニュースで知りましたtv。事故現場のすぐ近くの小さな町で撮った写真があります。

030

私たちはレンタカー、テント持参のヨーロッパアルプスケチケチ旅でスイス鉄道利用はガソリン車乗り入れ禁止のツェルマット入りする時に手前のテーシュから1区間だけでしたが、鉄道マニアでなくても憧れます。氷河特急とはいうものの実際の氷河はトンネルで抜けてしまい車の方が氷河の末端近くを通りますが、ベルニナ特急が高低差をループ橋を回りながら走る様子はわくわく、ジジババになったら氷河特急、ベルニナ特急とも乗って旅をしてみたいところですshine

7、8月はハイシーズンで豪華な観光ツアーだったと思います。年配の方達が多かったようで永年の夢を実現する旅行だったかもしれず、事故で暗転してしまったのはお気の毒としかいいようがありませんthink。事故原因究明に注目しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)