モデルハウス見学

わが家の母屋はフィンランドパインのマシンカットの角ログですが、少し前から玄関ドアの調子が悪くて代理店さんに鍵ボックスとドアノブの交換部品取り寄せをお願いしていました。一見単純な形なのに、合鍵を作るのも原型が特殊なので簡単には出来ませんdown。2月初旬に用意できましたと連絡をいただいていたのに大雪で足止めされてなかなか取りにいけませんでした。

同じ山梨でも東の端から西へ、甲斐駒ケ岳も八ヶ岳も見えるロケーションのいいインターチェンジ傍にログハウス代理店さんはありましたhouse

005

006

モデルハウスの中を見せていただきましたが、こじんまりとしたこのログがいい感じでした。

002

ペレットストーブで温められた明るい室内

001

開放感いっぱいのロフトも広々して

003

わが家はなにより狭い台所が悩みなので、このスペースでも充分、羨ましく感じました。わが家を建てた時は当地にともかくベースになる所が欲しくて、広さは妥協した部分もありました。同時期に自宅を賃貸マンションに建て替え、当時はセルフビルドする時間もとれませんでしたから、母屋は手持ちの資金だけで代理店さんに依頼して建てました。 今日見せていただいたモデルハウスに刺激を受けて、将来とうさんが現役引退したらログハウスの増築にチャレンジするのもいいかなぁなんて思いましたconfident。まずは鍵ボックスの交換、リニューアルです。

帰り道、ずっと待たせていたワンたちのために河川公園の一画にあるドッグランに立ち寄りました。いろいろなワンちゃんに会えて社会性も育ちます。ちょうどシュナちゃん発見、Juli と同じ3歳の男のコ「チャップ」君heart01はスリムで、最近デブいJuli がますますブーコに見えました、大雪のため運動不足が影響したのでしょうか、Juli やっぱりくびれは大事らしいよcoldsweats01

007

| | コメント (10) | トラックバック (0)

薪置き場完成

先週基礎と柱の防腐剤塗装までだった薪置き場ですが、今週末は頑張りましたcoldsweats01。とうさんたら今年中に出来るかなというブログの〆にプレッシャーを感じたのでしょうか、土曜日は朝9時作業開始、日曜日は8時半スタートでしたdash

土曜日は柱を立て仮留めをしてボイド管にセメントを流し込み、固定をする傍ら棟木を渡し全体の骨組みが出来ました。屋根には30cm間隔で垂木を掛け、野地板を張りました。屋根をどうしようかと相談し、ガレージの屋根に草屋根を作った時の部材の残りを引っ張り出してみました。ルーフィングも使えそう、アスファルトシングルも18枚0.5坪分が未開封のままあり、勿体ないけどシングル張りしようかとも考えました。

そんなこんなで写真を撮る暇もなくsweat01、今日の朝の相談でガレージの屋根に使った屋根材なら無駄が出ず施工が簡単、アスファルトシングルを買い足すより安く済み、亜鉛鋼板より見た目もいいということで急きょ私がホームセンターまで軽トラでひとっ走りすることになりました。

001

日曜日は観光の他県ナンバーで幹線道路は混むので、別ルートを爆走(暴走ではない)、雲ひとつなく富士山もくっきりです。軽トラに90×200cmの屋根材4枚と追加購入の防腐剤などを積み込んで昼前に帰宅、私も無駄なく走ってかなり早いと思ったのですが、とうさんはその間ルーフィング張りと床の根太まで取りつけていました、おぬしやるなぁという感じですhappy01

昼食を挟んで、午後イチ屋根施工です。

002

この屋根材はフランス製で施工が簡単、1枚1780円です。ガレージに使ったワインレッドの在庫が無くてブラックとグリーンだけだったのでグリーンを選びました。

003

同色のプラキャップに70mmコーススプレッドで取りつけます。

005

薪置き場から見ると手前が露天風呂の東屋の屋根(グリーン)、ドーマーがあるのはアトリエログの屋根(レンガ色)で奥が母屋ログです。とうさんがいずれ作りたいと言っているツリーハウスは向かって右側に一部映っている朴の大木が候補木です。

木工作業場&ガレージを建てた時に残ってブルーシートで包んでおいたコンパネ3枚半を床に張り、同じく壁に使った杉の端材の規格外の板を柱に渡して取りつけました。

006_2

根が貧乏性なので使えそうな資材は捨てれません。ある物を活用出来れば費用もかからず、それだけコンテナの中も作業場も片づくというものです。いつもあれが無い!、これはどこ?なんて捜すのですが、今回は木工作業場に工具などそこそこ整理されていたので助かりました。細々した工具類など取り出しやすい整理整頓が大事ですねwink

まさか今日完成できるとは思っていなかったねぇ、というのが正直なところです。後は防腐剤を塗るとか、周りの片づけなど平日私が出来ることをぼちぼちと・・・ この薪置き場に薪が整然と並ぶのが楽しみですnotes

| | コメント (6) | トラックバック (0)

この時期にです!

先週完成した庭の造作ですが、芝生を張る予定がまさかこの時期芝生なんて売ってないでしょと思い、心当りのホームセンターの園芸コーナーをチェックしました。案の定来春入荷ですの返事でしたが、相模原の家に近いホームセンターに積んであったと金曜夜とうさんが買って帰宅しました。年間平均気温が5、6℃違い首都圏のベッドタウンという土地柄、冬に芝生を張る家もあるから売れる⇒仕入れるということなんでしょうね。

001

芝生用の培養土と芝目土、芝約2坪分がスタンバイgood でも昨日土曜日とうさんはテンカラ釣り仲間と管理釣り場での集まりに出かけ留守、夜は河原で宴会お泊りの予定でしたがあまりの寒さに誰からともなくやめようかとなったそうで帰宅しました。ちょっと風邪気味だったのでホッとしました。

今朝は早くから芝生の施工ですsweat01

005

006

004_2

ワンたちは作業中も貼ったばかりの芝を蹴飛ばして邪魔ばかりdash、遊んでいるつもりなのは分かるのですけどね。今回は時期が時期だけにわが家としては今までになく丁寧にやりましたscissors。もう朝は霜で真っ白なので定着するまで苺栽培に使った寒冷紗のお古を掛けて養生することにしました。朝も8時台からサンサンとsunが当るので多分大丈夫とは思いますが、しばらく経過観察ですhappy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

憧れの空間

昨日に引き続きとうさんには骨休めの日曜日、久しぶりに籐工房&カフェの「ペジテ」さんに軽いランチを食べに行きました。

近くなのでワンたちはhouseで留守番、たまにはね~wink。いつもはワンたちOKのテラス席ですが、テラス席も広々してテーブルも椅子もとても素敵ですheart01

003

店内には狩猟が趣味のオーナーが仕留めたツキノワグマの半身のはく製が飾られていてびっくり、奥様的には店内の雰囲気に合わないと反対されたそうですsweat01

002

でもこの熊さん、なんとなく愛嬌のある仕上がりで「ちょっと奥さ~ん!」なんて声をかけてきそうな感じです。周りに建物のない森の一画に建つ空間からは、見下ろせばこの季節山百合とギボウシの花が咲き競い、見あげればすっと空に伸びる松の木と山と空が広がります。隠れ家的な休日限定のお店はあまり人に知られたくない場所でもありますconfident

お店から一段下がった所に建つガレージ兼工房には籐の材料や製作途中の作品などが飾られていたので見せていただきました。

008

正面の向かって左側には石積みの涼しげな流水のスペースが

004_2

向かって右側にはおしゃれなイタリアンの自転車があくまでさりげなくbicycle

007

自転車と広い入口の頭上ガラスに描かれた「SINCE 1989」はわが家の古いフランス車ルノー4(キャトル)の年式と同じです。初めて中を拝見したのですが、天井の造りが斬新で目を惹きます。

005

間仕切りをして奥に壁を造りdoorと窓をつけて部屋と簡単なキッチン、トイレなどを作ったそうですが、この天井でしたら必要に応じて自在に造作ができそうです。圧迫感がなく採光も出来て憧れを憶える空間がここにもありましたnotes

このロケーションではオープンでしょsign01ということで短いドライブをしてきましたdash

010

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やるっきゃないか!

梅雨が休みっぱなしのsunなので昨日今日と母屋の塗装をしており、現場8時でほぼ職人さんのような仕事開始でまたまた疲労困憊ですsad。2006年に建ててから日当りが良い面やハネが上がる下周りなど部分的に塗装していましたが、全面的にやるぞというのは初めてです。以前からやらなければと気になっていながら他の作業を優先していました。

想えば建てた翌年には露天風呂&囲炉裏つき東屋を建て、houseが小さいので収納小屋とバイク小屋(今は農機具や資源ゴミ収納に利用)を作り、庭の敷石整備、畑づくりや石窯づくりなどいつもなにかしら作り続けてきました。2008年秋には檜丸太を100本買ってアトリエログのセルフビルドにチャレンジ、1年かけて小さいながらもラウンドノッチの丸太小屋を完成させました。2011年秋から単管で組んで小屋掛けしただけだった作業場を建て替え、残った丸太や間伐材、製材の端材などを使って木工作業場&ガレージづくりを始めてこれも1年で完成させました。春先には薪運びに薪づくり、ぼ~っとしていたわけではなく再塗装している余裕がなかったのですcoldsweats01

日焼けした外壁には黒いカビのような点々が

005

ディスクサンダーや何種類かの研磨材を試しました。台所などで使うボーンスターという金属を織り込んだ繊維の固まりが結構使えました。

006

カビと一緒に前の塗膜片を落したところです。ディスクサンダーも研磨材も力を入れて使うので楽ではありませんsweat01。再塗装は塗るまでの下準備が大変なのだと実感しました。業者に依頼したらン十万円はかかるはず、そんなお金があったら他に使いたい(例えばサンフランシスコでレンタカーを借りてでヨセミテ国立公園までドライブ、ハーフドームのビッグウォールを観るとか)です。

007

身軽なとうさんはこんなことupwardright あんなことdownwardleft、ホントは足場を組まなくては危ないのですけどね、元クライマーですからこなせるのかと思います。

010

先日軒下から巣立ったヤマガラの巣ももうお役御免、触るとフカフカです。

009

小さい家ですが2日間で全部は無理、残りは来週に持ち越しましたが、なんとかメドが立ちました。

003

塗る為に邪魔な物をどけたらこの際不用な物を処分、整理してすっきりもいいかなと思います。また仕事を増やすような気もしますが、平日は自分のペースで進められるのでぼちぼちアトリエログの柵なども塗り直そうかと考え中、晴れはまだ続きそうですねhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

Log Splitter 始動

今日は暖かくて最高気温が二桁、最低気温がいつもの最高気温なんてびっくりですwobbly

水曜日に軽トラで運んできた樫の木で薪割り機の試運転をしました。いろいろ検討して油圧式の12t、取り回しできる重さは114kgでエンジンは信頼のおける国産・ホンダ製で約15万円でした。

013

硬くていつも苦労する樫の木が割れれば他の材も難なく割れるはずなので、期待をこめてスタートsoon まず一本目

001

すんなりふたつに割れました。動画を撮影したのですがアップできなかったのでとりあえず動かない画像をいくつかアップします。

006

007

008

009

014

朝のんびり始めて午前中にほぼ運んで来た薪を割り終わりました。今回とうさんひとりで操作、私は撮影班で薪積み係でしたが、1人が椅子に座ったままセットして作動させ、もう1人が薪を取って渡すようにしたらいちいち中腰にならずに効率がいいのかもしれません。

割った薪はアトリエログの下のガラガラになった所に積みました。

016

いつも薪積みは週明けの私の宿題になっていましたが、3時のcafeには終わりとてもはかどりました。斧での薪割り後はとうさんのマッサージ代が掛かっていましたが、薪割り機で随分楽になりそうです。大きさもちょうど良く、使い終わったらガレージに収納してあまり場所をとりません。慣れれば私でも操作できそうで、やっぱり買って良かった薪割り機でしたhappy01scissors

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エコファン始動

待ちに待ったというほど時間が掛からず本日昼エコファンが到着しましたnew。京都・大江にお住まいのブロガーさんが共同購入のお世話をしてくださり、なんと21台もカナダから直輸入、数が多いので大変な手間だったと思われます、ありがとうございましたhappy01

006

ジャジャ~ンsign03 丁寧にプチプチで梱包していただいた箱から出したところ、ガサガサする音に興味津々のJuli 、残念でした食べれないのよね~smile

ヤフオクでカナダ在住の方が廃番になったエコファンを出品しているのを見かけてどうしようかなと思っていた時に共同購入募集を知ってお願いしたのですが正解でした。

使用上の注意はあまり煙突近くや高温のストーブトップに載せないようにとのこと、ウォーミングアップシェルフに載せました。初めはゆっくり回り出し、温度の上昇と共に快調に回っています。

009

ちょうど村友Yさんがワンたちの好物・紫芋を持ってきてくださり、ストーブの上にお芋用鉄鍋を載せて焼き芋に・・・しばらくしたら小さな家中に焼き芋のいい匂いが漂い始めました。エコファンは空気と共に香りも循環させるらしく・・・たまりませんhappy02

日本ブログ村のログハウスのカテゴリーにリンクするようになってから、ブロク゛を通じていろいろな方と知り合うことができました。お会いしたことはないけれどとても共感を覚える素敵な暮しぶりのブロク゛友だち、定年という一区切りから人生のセカンドステージに上がられてロク゛ハウスをセルフビルドしている方や活き活きとした自然暮し、これからログハウスを建てようという方・・・ リタイアにはまだちょっと早いけれど気が早い夫婦は少々フライング気味に当地での暮しを始めましたが、おかげさまで他の方のブログから多くの刺激やヒントをいただいていますconfident

| | コメント (8) | トラックバック (0)

コールドフレーム

アトリエログhouseの南側テラスは50cmほどの狭いスペースになっているのですが、屋根の庇の下で日当り最高の場所なのにちょっとデッドスペースになっていました。以前から温室が欲しいと思っていたのですが、建具づくりの余ったガラスとあり合わせの材で育苗箱を作ってもらいました。

種を蒔いて育てた苗を移植して入れておく育苗箱のことをイギリスでは「コールドフレーム」と呼ぶそうで、今回の箱も温室というよりは秋蒔きの苗を保護するコールドフレームとして使いたいと思っています。

007

私の持っている本にはこんな写真と説明が載っていますが、とうさんにこの本は見せていませんでした。だいたいこんな感じでと話しただけでしたが、出来たものは以心伝心通じていましたwink

003

露天風呂の東屋の屋根から撮るとこんな感じ、テラスからは

001

熊本のブロ友takaさんが送ってくださったヒゴタイ(ルリタマアザミ)の種を発芽させた苗やアルメニアの苗を入れました。枯らさないように水やり、管理気をつけなくては・・・

今日は季節が間違ってしまったような温かな一日でした。先日ホームセンターで見つけたガーデングッズのリスの置物を塀の支柱の上に取りつけました。

005

よく見かけるのはフクロウの置物なんですが、庭先で一度台湾リスらしき小動物を見かけたことがあるので期待を込めてリスにしました。本物さんいらっしゃ~いhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

やっぱり二度塗り

木曜日にまた塗料を買ってきて、雨があがった今日二度目の塗装をしました。選んだ色は「チーク」ではなくちょっと違う「ゴールデンオーク」にしてみました。浸透タイプの塗料なので1回目はほとんど使いきってしまいましたが、二度塗りでは70%位の使用量で塗れました。

001

窓枠も「タンネングリーン」の二度塗りで落ち着いた色になりました。窓ガラスにはガラス専用絵具でステンドグラス風の模様を描く予定ですが、とりあえずX'masxmas用ジェルシートを貼りました。

段々日中の作業時間が短くなってきました。11月霜月の内に塗装関係を終わらせるよう明日も頑張りますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塗料の色選び

昨日ガレージの扉を塗りました。少し明るめの色をと思い「チーク」を選びましたが、塗料は塗る木材により見本通りの色にはなりません。一度塗りですとちょっと考えていた色とは違いましたcoldsweats01

009

窓枠はキシラデコールのタンネングリーンで塗りましたが、これも一度塗りでは色が薄くて思うような色にならず、ちょっとケチって小さい塗料缶を使い切ってしまったので二度目は別の色を塗ってみようかとも思っています。色選びは難しいです。

紅葉もピークを過ぎて野山が段々色を失って寂しくなっていくこの季節、X'masxmasまで約1ヶ月なのでX'masグッズを出して飾りつけをしました。

006

とうさんの仕事関係でいただいたリースはアトリエログのドアdoorの横に、室内には先日リース作家のCrescentさんからいただいた素敵なリースが飾ってありますheart01。小さなこどもがいるわけではありませんが、もっぱら自分のためにいつも窓という窓にジェルシートを貼ります。

003

008

サンタも家のあちこちに・・・ ログにサンタの赤は似合うと思いますconfident

005

気がつけば昨日アクセス数が10万を越えて100150になっていました。山あいの小さな村のささやかな暮しをご訪問くださる皆さまに感謝申し上げますclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧