百一日参り

六月に義母が亡くなってから昨日は百一日目、神奈川の一部地域には伊勢原の大山に登る途中にある茶湯寺(ちゃとうでら)で「百一日茶湯供養」の風習があるそうです。日本全国地域によって他にも同じような風習があるのでしょうか? 四十九日の時から約束していて、兄弟夫婦で行ってきました。

Dsc03067

大山は江戸の昔から庶民の憧れだった大山詣の地で参道にはずらりと土産物屋や名物の豆腐料理のお店が並んでいますが、喧噪から距離をおくように鈴川を渡った奥に茶湯寺があります。

Dsc03070

Dsc03073

石仏がそこかしこで見守っています。

Dsc03075

正面には可愛いお地蔵さま

Dsc03077

菩提寺は曹洞宗で、このお寺は浄土宗ですが宗派は問わないそうで、仏様に変わりはないのだからそれがいいですね。平日のせいか私たち一組だけで本堂に通され茶湯供養のお経を上げていただきました。壁にびっしり張り重ねられた半紙には供養する人の地域と名前、供養される方の続柄が書かれています。父母や伴侶、子や孫、亡き人へのそれぞれの思いがこめられているのでしょう。ご本尊は日本では珍しい涅槃像で、外壁の写真を撮らせていただきました。

Dsc03076

茶湯供養でいただいたお茶っ葉で入れたお茶を仏壇に供えてくださいとのこと、義母は点滴だけになり水分も採れなかったので、さぞお茶が飲みたかったのだろうと思い返しました。百一日参りでは亡き人に似た人に出会えたり、声を感じると言い伝えがあるそうです。行きかう人を注意して見ていたのですが、平日で人通りも少なく残念ながら義母に似た人には会えませんでした。

昼には少し早かったのでケーブルに乗り、大山の中腹にある大山寺に行きました。大山にはいくつもの登山道があり、何回か登っていますが多分初ケーブルです。

Dsc03083_2

かなり急角度で上がって行きます。途中駅で降りて

Dsc03078

緑の回廊を歩いていきますが、あと一ヶ月半くらいで一転紅葉が綺麗だと思います。

Dsc03079

古い木造の大山寺、最近御朱印を集めるのが流行りだそうですね。この左側に絵馬を収めた所があり、犬型絵馬発見sign03 裏にはペットの名前、飼い主の名前、願いを書くようになっていました。さっそく買い求め顔を描きました。

Dsc03080

真ん中がウチの絵馬です。願いはもちろん「元気で長生きできますよう、いつまでも一緒に過ごせますよう」・・・犬まで面倒みてくださいなんてお忙しいのに恐縮ですがどうかお願いいたしますconfident






| | コメント (4) | トラックバック (0)

山賊ぶどう狩り

元所属していた山岳会の仲間が平成20年に新規就農したぶどう園に、今年も恒例のぶどう狩りに行ってきました。山梨の牧丘という土地はぶどうづくりに向いていて美味しいぶどうの産地ですが、雨の少ない梅雨と日照の少なかった真夏は果樹園にとって厳しいシーズンだったようです。

Dsc03054

日当たりの良い斜面のぶどう畑はその場でぶどう食べ放題delicious、今年作った「山賊ぶどう」の激レアTシャツ着用で入場無料、前もってぶどうと一緒に注文して送ってもらっていた私はちゃんと着ていきましたよt-shirt

Dsc03064

オリジナルTシャツだけじゃなくてぬぐいやステッカー、ストラップなんかも作っていて、どんだけ好きなんだろ、でもそんな山賊精神嫌いじゃありませんsmile

Dsc03059

食べ放題タイムsign02 チビッ子たちも食べる食べる・・・ 持ち帰り用のぶどうはありがたいことにお友達価格なんです。夕張メロンを半割にしてスプーンですくって食べるように、贅沢に巨峰を思いっきり食べるぞ⁉とばかりにたくさん切って、計ったら7kgありました。おすそ分けもして、冷凍した巨峰はぶどうの無い季節にジャムにして食べることにしています。実と皮を別に分けて皮をフードプロセッサーで粉砕して煮る手づくりジャムはとても美味しいですdelicious

Dsc03057_2

Dsc03052

古民家をリフォームした山賊アジトのアイドルは豆柴のれんげちゃんdog ウチのkattiiの姿が見えないと思ったら、玄関傍の花の陰からそっと覗いておりましたcoldsweats01 残念ながらワンコはぶどうngなんです。

Dsc03053

| | コメント (6) | トラックバック (0)

チューリッヒ観光編

チューリッヒに移動して初日に一泊したホテルにまた宿泊hotel、翌日昼のフライトなので半日プチ観光ですnotes チューリッヒはスイス最大の金融都市で、中世の建物と現代が調和して活気ある街です。中心部を分けるようにリマト川が流れ、駅の反対側は旧市街と呼ばれる地域で、二本の塔が目を引くグロスミュンスター大聖堂

Dsc02309

手前の塔にはカール大帝の像(レプリカ)が見おろしています(このあたりの歴史はよく分かりませんです)。

Dsc02311

リマト川は滔々と水をたたえチューリッヒ湖に流れ込みます。

Dsc02305_2

対岸の小高い丘の公園はリンデンホフ(菩提樹の中庭の意)、古代ローマ時代川を行ききする船から通行税を徴収するために関所(チューリクム)を設けた所で、チューリッヒの語源になったそうです。

P6200323

リンデンホフの近くにはチューリッヒ最古の教会・聖ペーター教会、大時計の直径は8.7mあるそうです。

P6200305_2

更に進むとフラウミュンスター聖母教会。

P6200311

元修道院だったこの教会は70歳を過ぎたシャガール作のステンドグラスで知られています。美術に詳しくない私でもシャガールは知っていますから、どんなステンドグラスなのか興味がありました。撮影禁止なのでパンフレット(各国語が揃っていて2CHF也)から

Dsc02321

タブレットやスマホで撮っている人多数、人は人、banは守ります。外からはどんな感じと思い撮ってみたら、輪郭線は分かりましたけどステンドグラスは光の芸術、当然の結果ですよねcoldsweats01 でもステンドグラスの裏側初公開sign02

Dsc02308_2

トラムはいわゆる路面電車subway、ひっきりなしに通っているのでパスを買えば市内観光に便利です。

P6200303

メインストリートには有名ブランドショップがずらり、ブランド品には縁が無いので素通りしておもちゃ屋さんや雑貨店をチェック、kangooのミニカーを探しましたが残念でしたdown 

旅行者としては素敵な国で、街だと思いますがスイスは物価がとても高いです。グリンデルワルトで「UDON」とビーフバーガーを頼んだ時はどちらも14CHF、日本円で約1700円です。同じものが日本の約4倍くらいと外食はとても高くつきます。

Dsc02286_2

お寿司は人気らしくデリカテッセンのテイクアウトのお寿司の値段を見たらめまいがしそうでした。日本なら特上のお寿司を食べてもお釣りがきそうです。平均賃金が高いから物価が高いのか、物価が高いから賃金も高くなっているのか・・・いずれにしても暮らすにはなかなか大変かもしれません。日本に来たら吉野家や松屋にびっくり、なんでもある100均に感激するのじゃないかしらと思います。他の国に行くと日本再発見、良さに気づきます。住むなら日本のそこそこの田舎が一番です。

スイスといえば時計watch、グリンデルワルトではとうさんが時計を買ってプレゼントしてくれました。

Dsc02320

モンディーンはスイス連邦鉄道に採用されている時計メーカーで、どこのホームでも目にするデザインです。

Dsc02301

スイス連邦鉄道のSBBはドイツ、CFFはフランス、FFSはイタリアで、腕時計にもそのロゴが入っています。「おとなの逸品」カタログなどで見かけて気になっていたのですが、この時計に関しては現地で買った方が色々選べてとてもお得でした。そういえば出発前日は準備やワンたちを預ける支度で忙しくて忘れていたのですが、結婚記念日でした。結果オーライとはいかにも私たちらしく、素敵な旅の記念になりましたpresent

ブログにアップすることで後で読み返すことができます。長々とおつきあいいただきありがとうございましたconfident










| | コメント (10) | トラックバック (0)

番外編・村のひとこま

雄大な景色の中でその広がりと空気感を感じながら、通りを歩いていて思わず心惹かれたひとコマを紹介させていただきますgood

メインストリートをちょっと入ったお宅の庭先、ルピナスやオダマキ、サルビアなどこれから花盛りになりそうです。

P6200224

なにげに道端のスイスの国花・エーデルワイス、気候は同じくらいですからわが地でも育つでしょうかsign02

P6190193

駅前のロータリーにも花々clover

P6190196

窓辺には赤いゼラニウムの花が多いけれど、お店前のフェンスにはワイルドストロベリーもこんな風に飾られています。

Dsc02287

石積みの途中で振り返る木彫りの熊さん

Dsc02280

可愛い顔をしてますheart01

P6200221

やっぱり草屋根もありました。

Dsc02283

P6190182

ONKELはおじさん、トムおじさんのピザ屋さんはあいにく日曜休みでした。薪も素敵なディスプレイになりますね。

P6200246

ロープウェイから見えたおもちゃのような家、こどもの秘密基地でしょうか、覗いてみたいsign03 こんな所で遊んだ子はきっといい大人になるでしょう。

山岳道路には世界一武骨なあの車、とうさんの愛車DEFENDERの仲間も

Dsc02230

P6180045

私の愛車kangooもおしゃれなペイントの働く車で走っていましたよ。標高1955mのゴンドラ駅のカフェにもリアが違うけど同じ黄色kangoorvcar

Dsc02291

ゆったりとした時間が流れる自然の中ではdogcatも自由にのびのび、展望台Caffeの猫くんも気ままな幸せもの~clover

P6200219

あとひと息、チューリッヒ観光編へsoon










| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリンデルワルト紀行⑤

グリンデルワルト最終日、昼頃にチューリッヒに向かう予定にしていたので、半日を有効に使おうとフィルスト展望台に上がりました。前日のゴンドラと村を挟んで反対側にかかるゴンドラは25分で2168mの展望台に上がれます。スイスパスのハーフフェアカード提示で50%offになります。

P6200250

雨も上がり爽やかな朝、途中駅で方向転換して間もなく到着、展望台を回り込むと「クリフウォーク」という絶壁の高度感を味わえる鉄の回廊があります。

P6200281

P6200261

余裕の怪しいオジサンsmile 足元はなにもありませんfoot

P6200265

よくもまぁこんなものを造ったものだと感心します。黒部の下の廊下よりもお尻の辺りがゾワゾワしましたよsign02 

Dsc02293

トレッキングコースのひとつは「アルプスの宝石」と呼ばれる山上湖バッハアルプゼー往復ですが、往復する時間の余裕は無いので途中まで歩いて引き返すことにしました。

進むにつれて広がる展望

P6200275

シュレックホルン4078m、右奥にちょこっと見え始めたとんがりがこの地方の最高峰4274mのフィンスターアールホルン、村からは見えない絶景ポイントです。

Dsc02295

谷間にパラのタンデム飛行がふわり、今回とうさんも飛んでみようかなぁなんて言っていたのですがあと一日あればねぇcoldsweats01、だいたい2万円くらいで体験できるようですから相場は日本と同じくらいです。インターラーケンからの電車で一緒になった団塊世代ど真ん中の二人の日本人おじさん、やけに大きな膨らんだザックと思ったら毎年のようにパラでスイス各地を飛んでいるそうでした。COOPに買い物に来たら休みだったと言って駅前でまた再会、6月末まで部屋を借りて滞在すると言われていましたから、まだどこかで飛んでいらっしゃるかな、ちなみに語学はそれほど堪能ではなさそうでした。なんとかなるものです、要は気合かとrock

P6200285

美しい村に別れを告げて

P6200289

車窓から

P6200294_2

インターラーケンももうすぐ、帰りは鉄旅乗り換えにも慣れましたhappy01scissors

番外編、チューリッヒ観光編に続きます~clover







| | コメント (6) | トラックバック (0)

グリンデルワルト紀行④

息をのむような絶景に何度出逢えることだろうsign02

Dsc02272

P6180162_3

緑色の線がアイガー北壁の真下を回り込むアイガートレイルで、まだ閉鎖されていました。上を見上げながら歩くのできっと壁が覆いかぶさるように感じられたかもしれません。結局眺めるには今回の「パナラマの道」がベストでした。

P6180156

雪が消えた草地には遅い春を告げるように白いクロッカスの群落が広がっています。

P6180158

画像の中央上部辺りの鞍部にグリンデルワルトの村が見えています。

P6180160

道を塞いでいた雪が除雪された跡が所々見られました。ベルクハウス・メンリッフェンに近づくにつれて重い雲がたれこめてきました。

Dsc02278

テラスのエーデルワイスの花が迎えてくれました。スイスの国花はこの季節庭先に普通に咲いています。チェックインして一休みしていたら雨に白いものが混じり雪になりました。

P6190173

部屋は15室あり、シャワー付きの広い部屋に案内されました。ハイシーズンにはきっと予約でいっぱいでしょう。すぐ傍にゴンドラ駅があります。ガイドの山口さんとはここでお別れ、雪が降り出す前にゴンドラで下山していかれました。

P6190170

6月に雪とは、しかも行動中は濡れることもなく・・・ある意味「持っている」かなと自画自賛しちゃいましたbleah 山の家宿泊は二食付きで、ディナーは

Dsc02274

前菜、これ半分ずつくらいでちょうどいい量なんですけど~‼ 

Dsc02275

ポークステーキとポテト、ポテトとチーズは必須です。

Dsc02276

翌日も起きたらみぞれが降っていました。残念ながらユングフラウ地域のど真ん中にある展望台からの360度の絶景はお預けでしたが、欲張ってはバチが当たるというもの、早々にゴンドラで麓へと下山しました。

駅の傍には日本人スタッフがいる日本語観光案内所があり、現地情報をタイムリーに知ることが出来たり、ゴンドラチケットなども買えます。ホテルでいただいた2日間限定のbus無料パスの時刻表をいただいて、夕方から短時間で行けるフィンクシュテック展望台に行くことにしました。グリンデルワルト上氷河と下氷河の間、中腹にある展望台まではゴンドラで5分、「世界一美しい村を眺められる展望台」だそうです。

P6190207

P6190206

P6190216

展望台カフェでエスプレッソとホットチョコcafe

P6200218

ストーブが赤々と燃えていましたよconfident

⑤に続きますsoon 























| | コメント (10) | トラックバック (0)

グリンデルワルト紀行③

グリンデルワルトの標高は1034m、ユングフラウヨッホ展望台は3454mです。登山電車で一気に上がってくるので個人差はあると思いますが、最初少し息苦しいような気がします。展望台での忘れてはならない私のミッションは「Top of Europe」から絵はがきを出すこと、山仲間やブロ友さん宛てです。昔友達がスペインから絵はがきを送ってくれたことがあり、ひと時スペインに思いを馳せました。それから海外旅行の度に絵はがきを出すのが趣味になりました。グリンデルワルトの駅前に郵便局はあったのですが、展望台から出すと特別なスタンプが押されると聞いていたのでこだわってみました。いざ投函postoffice

Dsc02253

配達されるのはほぼ帰国と同時くらいになりますが、受け取った方は趣味につきあってくださるようお願いしますhappy01 日本との友好関係を示すかのように日本の赤いポストもありましたよ。わが村のポストと同じ、あの懐かしいポストでした。

帰りは途中駅アイガーグレッシャー2320mで下車、アイガーウォークを歩いてクライネシャイデック2061mまでトレッキングです。

P6180052

P6180116

途中には引退した旧ミッテルレギ小屋が移築されています。

P6180120

雪が消えた斜面には山の花も

P6180117

downwardright オキナグサは花の命が短く、ちょうどこの時だけ見られたようです。

Dsc02260

この道にはアイガー登攀の歴史を物語る数々のモニュメントがあります。登攀具も時代と共に進歩してきました。30年前は

P6180112

最近のクライミングギア、フレンズとナッツ

Dsc02258

ガイドさんと記念の一枚、やっぱり背が高いsign03

P6180128

山上の人造湖の傍にある建物はアイガー登攀の展示館になっています。

P6180132

湖岸の石にはかつて北壁登攀で逝ったクライマーの名前が刻まれています。

P6180137

日本人として初めて北壁に挑んだ渡部恒明さん、二度目の挑戦であと300m地点で墜落骨折、救助の為にパートナーが登頂して日本人初登頂になったものの、その間にザイルを解いて墜落死したと言われている人です。それを題材に書かれたのが新田次郎さん著「アイガー北壁」です。石に刻まれた数々の名前にはそれぞれにドラマがあったのでしょう。名前は2010年まで刻まれていました。エメラルドグリーンの湖面はアイガーを映しあくまで静かです。

P6180141

もう一息でクライネシャイデックです。

P6180150

ここで昼食restaurant

P6180146

Dsc02266

ブロッコリーのスープとアルペンマカロニはポテトたっぷりアップルジャム添えです。お腹いっぱいになって次のトレッキングコースへshoe

④に続きます、ほどほどにおつきあいくださいませsoon














| | コメント (4) | トラックバック (0)

グリンデルワルト紀行②

グリンデルワルトはスイスの中でも日本との関わりが深い所で、95年前に槇 有恒さんがアイガー東稜の初登頂に成功し、その48年後モンベルの創始者・辰野 勇さん、同年今井道子さん達日本隊が直登ルートの登攀に成功しています。モンベル・グリンデルワルト店は10年前からメインストリートに出店しているそうです。店内にはアイガーの稜線にあった槇 有恒さん寄贈の旧ミッテルレギ小屋の板戸が展示されていました。

P6170037

当時の装備は現在とは比較にならないほど、それでも多くのアルピニストが困難な登攀に挑んでいったのです。

グリンデルワルトに到着した日の夕方ガイドさんからホテルに電話があり、コースの打ち合わせをしました。というのも私が希望した山小屋泊には日本語ガイドさんが初級者向きのコースをガイドしてから山小屋まで案内してくれるオプションがついていて、事前に代理店さんから別にコースの希望があれば直接交渉してくださいと言われていました。クライミングでさえガイド無しで登っていましたから今更と思いましたが、ガイドさん大正解でした。今年はやはり異常気象のため私たちが着いた日までずっと雨続きだったそうで、標高の高いルートはまだクローズのまま、アイガートレイルを歩くつもりでしたが、北壁の真下をトラバースするルートなのでbanでした。まだ絶えずチリ雪崩がありそうなコンディションに見えました。

Dsc02232_2

途中駅にクローズの表示(赤いプレート)がありました。6月中旬ではクローズもあり得ると思い、事前にイメージしていた日程はトップ・オブ・ヨーロッパと言われるユングフラウヨッホ展望台に登山電車を乗り継いで登り、復路アイガーグレッシャー駅で下車、クライネシャイデックまで「アイガーウォーク」と呼ばれるコースを歩き、そこからベルクハウス(山の家)・メンリッフェンまで「パノラマの道」をトレッキング&宿泊というものでした。ガイドさんに相談したらオープン状況を問い合わせしてくださり、結果除雪が完了して明日オープンだと最新情報、なんとラッキーなup。遮るものが無い展望ルートはthunderの時は危険そのもの、ガイ゛トさんは雷情報などこまめにチェックしてくれました。

Dsc02279

手前がインターラーケンからのベルナーオバーランド鉄道で、奥がWAB登山鉄道、次の駅でスイッチバックして急傾斜の山肌に向かいますtrain

Dsc02238

クライネシャイデックで乗り換えたユングフラウヨッホ鉄道、今から104年前に16年に渡るトンネル工事のすえ開通したそうです。アイガーヴァント駅とアイスメーア駅で数分ずつ停車してアイガー北壁に開いた窓からは岩と雪の世界が広がります。

P6180057

映画「アイガー北壁」で滑落遭難したクライマーが窓から見える地点まで下降して宙づりになってそこでこと切れるシーンがあって、その場所に立っているのだなぁと感慨がありましたthink

Dsc02239

ユングフラウヨッホ展望台は観光客でいっぱい、中〇人はどこでも声高でうるさい、なんとかならないものかと・・・

Dsc02245_2

エリアの中で一番高いスフィンクス展望棟は3571m、天文気象観測所だそうです。展示通路アルパインセンセーション入口

P6180081

120年くらい前のトンネル工事の様子や事故で亡くなった方々のプレートが展示されています。

P6180085

途中の「氷の宮殿」は

P6180088

P6180090

床はつるつるでへっぴり腰に snowboard 進むとプラトー展望テラスから外に出られてヨーロッパで一番長いアレッチ氷河(世界自然遺産)が滔々と続いています。

P6180095

今回お世話になったガイドの山口さんとツーショットbleah

P6180098

山口さんのお父様はスイス人、お母様は日本人で日本語、ドイツ語、英語の三ヶ国語を話せて普段はツェルマットをベースにガイドをしていらっしゃるそうです。身長は多分190cm超えで見た目日本人に見えないイケメンガイドさんです。日本人の観光オバサンたちが無理な英語で話しかけていましたからsmile 

③に続きます~soon

| | コメント (6) | トラックバック (0)

グリンデルワルト紀行➀

21日アムステルダムのスキポール空港で約一時間も離陸が遅れたものの、22日午前9時過ぎ無事成田に到着しましたairplane ワンたちの通院と後片づけ、洗濯に追われて一段落、やっと大量の画像を取り込みましたのでぼちぼちアップしていきます。他人の旅行などどうでも・・・とは思いますが、語学堪能ではなくてもなんとかなるサ的な海外旅行として見ていただければと思っています。

成田空港を午前10時半離陸してKLMオランダ航空でアムステルダムへ、アムステルダム着午後3時ですが、時差が7時間あるので11時間半のフライトですsweat01 エコノミーですがシステムが変わって、有料で希望の座席を予約できるようになったので前の座席が無くて足が伸ばせる二席をKLMのHPから予約しておきました。足が伸ばせて席を立つのが楽なだけで随分違います。

Dsc02211

行きのスキポール空港、帰りのチューリッヒ空港ともセキュリティが厳しく、同性職員のボディチェックも入念で、私など左膝に入れた人工関節のチタンが反応して鳴っていました。サンフランシスコでは顔認証や両手をかざしたりもありましたから、各国で違いますね。ちなみに成田では手荷物を待つ間麻薬探知犬がぐるぐる巡回していました。

チューリッヒへは一時間半のフライトで、チューリッヒ空港駅から鉄旅の起点となるチューリッヒ中央駅へは10分少々です。

Dsc02212

Dsc02213

中央駅到着は午後8時近くですが、この季節は午後9時半くらいまで明るいので助かります。霧雨のような雨の中、徒歩5分というホテルを探しましたが大きな駅で、てっきり正面と思っていたら方向が違っていたらしく渡る橋をひとつ間違えてウロウロしましたsweat01なんとかホテルにたどり着いてホッと安心、一日目終了night

翌17日はチューリッヒからベルン、ベルンからインターラーケンオストへtrain 

Dsc02215

bicycleはそのまま輪行できます、ワンコも、♿もOKです。スイストランスファーチケットは目的地までの最短経路往復に使用、2等車で充分座れて快適です。改札が無くて、乗車するとすぐに検札が回ってきますが、パスの提示だけでスムーズ、無賃乗車には厳しいらしいです。

Dsc02218

ワンたちは連れて来れないので代理フィギアのシュナ子を連れてきました。インターラーケンオストからグリンデルワルトへは黄色にブルーラインの電車へ乗り換え、グリンデルワルトに近づくにつれて青空が広がってきましたsun

P6170015

途中駅の可愛い車体subway

Dsc02219

ついにとうちゃこ、氷河が造った村・グリンデルワルト駅前から

Dsc02222

グリンデルワルト滞在はセントラルホテルヴォルター、徒歩2分との情報でしたがすぐ見えているのに通過sweat01、壁のホテル名も見落としてましたdownwardright。2分もかからんやろがぁsign02

Dsc02223

一応★★★クラスで、朝食はブュッフェで食べれます。少し遅い昼食は駅近のCOOPで買い物をしてシュナ子も一緒にアイガーを眺めながらdelicious 

Dsc02225

スイスのbeerは飲みやすくて美味しい、さすがに乳製品ヨーグルトも美味しいです。

夕食は別なので日本語メニューが揃っていて美味しいというホテル・アイガーのレストランへ出かけました。世界的な観光地なのに10分も歩けば村の端から端に行けてしまうコンパクトさで、鉄旅が正解でした。

Dsc02226

日本語メニューを見てオーダーしたのは

Dsc02227

とうさんは牛ステーキ150g、トーストサラダ添え、私はルスティと豚ソーセージ目玉焼きチーズ添え、どちらも33CHFと25CHFレートは1CHF(スイスフラン)120円~122円くらいですから食事は高くつきます。フライパンに敷き詰められたポテトの量がハンパなく、美味しいのですけどお腹いっぱいになりました。

➁に続きます~soon

| | コメント (6) | トラックバック (0)

旧友を訪ねて

今日は朝から20年ぶりくらいに逢う旧友を訪ねて山越えドライブでしたrvcardash 彼女は高校時代の友達で、三年くらい前ご主人の定年を期に永年住み慣れた地を離れご主人の故郷・身延にUターンされたとのこと、近くを通る南アルプス公園線は北岳登山や渓流釣りなどで何回通ったかしれないほど走っている道です。山中湖、河口湖、西湖、青木ヶ原の樹海を過ぎて精進湖、本栖湖から「本栖みち」と言われるヘアピンカーブの続く山岳道路に入ります。山を下りきって見上げると笑っちゃうくらいの高低差で、よくもこんな所に道をつけたものだと感心します。途中には南アルプスの展望台があり、雪化粧した荒川岳や塩見岳が見えました。

待ち合わせは近くの道の駅「みのぶ」・富士川クラフトパーク、何年か前に寄った時はたまたまチェーンソーアートの実演をやっていましたが、今日は水曜日で施設は残念ながら休みでしたdown

011

006

おしゃれな時計台のある「切り絵の森美術館」

007

009

クラフトのワークショップなど、休業日でなければ見て歩くのも楽しいことでしょうnote 久しぶりの再会に積もる話で時間の経つのもお腹が空くのもそっちのけでしたけれど・・・

010

広々敷地に余裕があるのでこんな遊び場もありました。銀色に光る?、乗るとふわふわでジャンプしたり面白い、童心に帰ってしまうかも・・・他にカヌーを浮かべられる池やドッグラン、古民家園などファミリーには一日遊べるような公園でした。昼食は「和紙の里」という施設に併設の食事処に向かったのですが、なんとここも数少ない休業日でしたdown せっかくなので和紙の里の売店を見学、時節柄お正月飾りなどもあって「和」の世界でした。許可をいただいて店内をカシャッcamera 

013

食事を済ませ、少しだけお宅にお邪魔しました。古い納屋をリモデルしたという離れは来客時宿泊も出来るそうで、キッチン、バスルームは近代的で、居間は古い梁や柱の黒と漆喰の白のコントラストが素敵な古民家風です。彼女は学生時代から書道をやっていて、今でも月一で書道を習いに行っている書道家さん、飾られている作品がぴったりでした。

016

018

019

古い茶箪笥や文机も再生したよう、お宝ですね。ずっと好きで続けられる趣味を持っている彼女は幸せな人です。一年に一度年賀状のやりとりだけでしたが、何年会っていなくても違和感も隔たりも感じない友達ってありがたいものだと思いましたclover

おしゃべりですっかり長居をしてしまい、帰りの本栖湖は夕暮れ時になってしまいました。

020

千円札の裏の富士山は本栖湖畔から撮影したものって知っていました?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧