よく降る雨ですね!

昨日は願いもむなしく雨の一日でしたが、小雨決行でわが家での「クラフトフェアmini&ガレージセール」イベントを開催しました。今日は師走の頃の気温だったそうで、昨日は今日ほど寒くなかったのがせめてもでした。

前日からアトリエログ内に商品を並べ、準備品を揃えたり、夜はピザのドゥづくりと自分で始めたことですが身体がもうひとつ欲しいくらいでしたcoldsweats01

Dsc03119

オープン前に撮りましたcamera

Dsc03120

イベントテントは他の協力してくださる方に使っていただくため、夫婦ふたりで建てたログが一日だけのお店ですhouse

降り続く雨で誰も来てくれないのではと思っていたら、なんと10時前からお客様が続々と来てくださり・・・ 応対に追われて開催中の陶芸「ななし窯」さんとNさんの革小物、デコパージュなどの写真を撮り忘れてしまいました、申し訳ない。

商品を預けてくださったGさんの革のオリジナル品は濡れては台無しなのでログの中でgood

Dsc03124

SさんのUVレジンのアクセサリーはハロウィンやX'masに向けてキラキラ感いっぱいshine

Dsc03123

イベントテントは日差しは避けられても雨には万能ではなく、雨の降り込みもあって一部しか広げられず、見ていただければとてもお得で掘り出し物もあったのに残念な気がしましたthink

11時から雨を避けるために東屋に移動しておいた陶製のビザ窯に火を入れ、来場してくださった方々にピザを食べていただこうと思っていたのに、接客に忙しく飲み物も出せなかったお客様もいました。午前中にお客様が集中したのでどちらもは無理だったかもしれませんsweat01

それにしてもどうしてこんなに来てくださったのか、村の中ほどにあるポスト&ビームのおしゃれなレストラン「HORO HORO」さんと近所の「おばァの台所」さんにポスターとチラシを置かせていただいたり、Nさんの手配で村の移住支援センターのFBにチラシを載せていただいたのが良かったのか、面識の無い村の方まで寄ってくださいましたhappy01 

ただ雨でたくさんの人が庭を歩いたためにぬかるんで滑りやすくなり、どなたも滑らなかったのが不思議なくらい、今日もスッテンコロリンしないよう慎重に歩きました。晴れて乾かない限りどうにもなりません。

不特定多数の方々に場所を提供するということは色々配慮が必要です。トイレはほとんどワンルームの小さな母屋のトイレではなく、キャンピングトレーラーのトイレを利用していただくことにしました。

Dsc03121

トイレの利用方法を書いて張りました。

Dsc03122

綺麗に使っていただくことが出来ました。皆さん晴れていれば良かったのにと言ってくださいました。イベントテント2張りは乾かせるまで立てたままです。

Dsc03127_2

濡れたくないワンたちのためにありがたい屋根つきドッグランsign02 

雨の影響は大きかったものの無事イベントを開くことが出来たのはNさん、Kさん親子、Sさんはじめクラフト仲間の皆さんのおかげ、 ピザ焼き職人をしてくれたとうさんのおかげです。足元の悪い中をお越しくださった皆様にも感謝ですhappy02

| | コメント (7) | トラックバック (0)

時には庭で・・

自宅庭で開くと決めて動き出したmini 版クラフトフェア&ガレージセールのために昨日から片づけ掃除に追われていますcoldsweats01 ちょうど定番のトートバッグが2点仕上がり、これで針仕事は切り上げて準備に掛かれます。

Dsc03113_2

マチ部分を同系色のハワイアンプリントで切り替えたバッグは随分たくさん作ったのですが、在庫が一点も無くなってしまい今回三点作りました。この茶系もリバーシブルで使えるように作ってみました。

Dsc03115

中袋にも接着芯を張っているので、プリント面もしっかりしています。大きさがちょうどいいのか売れ筋ですhappy01

Dsc03114

同サイズのブルー系は残念ながらプリント生地が足りなくてリバーシブル仕様ではありません。

春のクラフトフェアで同型の定番トートバッグを選んでくださったお客様Hさんから先日電話をいただきました。驚かないでくださいね、と話してくださったのはご主人が6月にご病気で亡くなられたとのこと、遡って2月に手術を受けていらしたそうで5月に来てくださった時は体調も良かったそうです。お嬢さんと愛犬シュナちゃんもご一緒でしたが、ご病気だとは全く感じられなかったので、驚き次の言葉が出ませんでした。その後体調を崩されご家族揃っての最後のドライブになりました、病院でも気持ちの良いドライブだった、ママは気に入ったものが買えて良かったねとご主人が繰り返されていたと・・・お聞きしてもう言葉にならずcrying Hさんは何十年もペーパードライバーなので残念ながら行けませんと連絡をくださったのでした。

以前シュナちゃんお散歩バッグを相模原で待ち合わせしてお渡ししたことがありましたから、イベントが終わったら私が出向いてお会いする約束をしました。路線バスも通ってはいますが、一日に数えるほどの本数ですから田舎では公共交通機関は当てになりません。

私がクラフトフェアに参加するきっかけになったのは「枯葉のコラージュ」のHさんの作品に魅せられてからです。Hさんもご主人が病気療養中で、こちらに来る手段が無く参加できなくなりました。クラフトフェアを通じて参加者同士の縁、気に入ってはるばる来てくださるお客様との縁など得難いものと思っています。今回の最強協力者のNさんともクラフトフェアとブログが縁、私ったらくじ運がいいわけでも特別な才能があるわけでも無いけれど、どうやら人の運には恵まれているような、最近そんなことを実感するようになりましたclover

あと一週間、どうか晴れますように・・・confident

Dsc03116

ナメコに続いて椎茸が出てきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私怒っています!

正確には怒っていましたというべきか⁉ 10月中旬に予定されていた村の産業振興課主催の秋のクラフトフェアが先週『中止決定』されてしまいました。参加者数が道の駅と産業振興課の求めるボーターラインに達していないという理由です。たった1店不足で、他の参加希望者に相談も無く決められたことに腹立つ~sign02 「おまんら なめたらあかんぜよ⁉」つい夏目雅子さんの決めゼリフが浮かびましたpout

今回開催されれば22回目、春秋年2回ですから11年続いたイベントが中断となります。確かに参加者もご家族の病気など事情があって出られなくなったりで先細り状態ではありました。頻繁に担当者が変わり、引き継ぎもされていないのか担当者次第でその都度振り回されるような対応でした。私なんて遠くから来てくださる方に案内ハガキも郵送済でしたから、どうしたものかと・・・think

いつまでも腹立たしい思いを引きずるのも阿保らしいので気持ちを切り替えて、この際だから自宅を会場にこじんまりと開催することにしましたhappy01。主催は「時庭クラフトフェアmini・時庭Cafe実行委員会」私とNさんととうさん、三人いれば実行委員会ですscissors

チラシをNさんが即行で作ってくれました。お願いに行った先であか抜けたセンスだねって誉められました、こんな才能の持ち主だったとは・・・

Dsc03111

A4サイズをA3に拡大カラーコピーしてポスターも作りました。Nさんは写真の革の小物、デコパージュなどを出してくれるのですが、女性らしい柔らかな風合いの小物が素敵ですshine。彼女は村の畑を借りて今年からニンニク栽培を始め、黒ニンニクを真空包装で商品化しました。今大腸ガン予防などに効果ありと注目されている食材で、お世辞ではなく美味しいんです。いくら身体にいいと言われてもマズいと続きませんがこれはデリシャスdelicious、試食会もしますので一度食べていただければ良さが伝わるかと思います。

陶芸で協力してくださるSさんは豆皿や小さなお地蔵さまを出してくださり、お茶を教えていられたので当日お抹茶を点ててくださるそうです。

Dsc03112

Sさんは11月から今年21回目を数える四国巡礼に出かけられるそうで、3~5cmくらいの小さなお地蔵さまは100体以上を用意して、道中お接待をしてくださる方々のお礼に渡されるそうです。一日に歩く距離は平均してもフルマラソンくらい、八十八ヶ所に二十のお寺を足して煩悩の数百八ヶ所を回られるとか、ハードだけれど様々な出会いの面白さに「四国病」になっていて出かけずにはいられないと話されていました。巡礼に備えて毎日20km歩いてウォーミングアップされています。すごいです、マネ出来ませんsweat01 

家の庭にイベントテントを建て、ガレージの前でガレージセールをし、ガーデンパラソルでコーヒー紅茶など飲み物を提供しますcafe。アトリエテラスとキャンピングトレーラーのリビングは喫茶コーナーで、前日出来ればピザのドゥも仕込んでおければ陶製ピザ窯でピザも焼けるでしょうか⁉ あれこれやることを書き出していますが、普段は手抜き家事故まず掃除しなくちゃ、アトリエログはほぼ収納庫状態ですし・・・う~んやることばっかりsign01 タイトル「私焦っています」とするべきかcoldsweats01 

当地の情報を知りたくて私のブログを見ていますと声を掛けてくださった方が何人かいらっしゃいました。良ろしかったら気楽に遊びにお寄りくださいhappy01

そうそう10月はナメコシーズン、ホダ木に可愛いナメコたちが出てきました。

Dsc03109



| | コメント (6) | トラックバック (0)

10月だっ!!

庭の秋明菊が咲きそろいました。植えてから少しずつ株が増えてきて、ガレージ上の草屋根にも根づきました。夏の花たちが姿を消す頃登場する秋を感じる花です。

Dsc03097

今年はサンマが不漁だそうで、鮮魚コーナーで見かけてもあまり買う気が起きなかったのですが、ワンたちもお世話になっている気仙沼出身のSさんから本場・気仙沼直送のサンマをいただきました。

Dsc03092

綺麗な魚体で新鮮そのもの、シーズン初サンマは新鮮でなければ食べられないお刺身にし、塩焼きでもいただきました。ちょうどお土産でいただいた沖縄・宮古島の塩を使ってみました。

Dsc03096

雪塩の名の通り細かいパウダーのような塩で、気仙沼と宮古島のコラボは美味しくないわけがないです。残ったサンマは背開きにして干物にしまた翌日いただきましたdelicious

Dsc03100

サンマは秋刀魚とも書きますが、おかげさまで堪能して10月のスタートとなりました。

もう夏野菜もおしまい、今日は畑のトマトの支柱などを片づけ、いただいた根つきの長ネギを植え付けました。

Dsc03095

10月は間違いなく忙しくあっという間に過ぎる予想ですcoldsweats01





| | コメント (6) | トラックバック (0)

涼し過ぎるくらい

台風の進路が気になる9月のスタートとなりましたが、今朝の山中湖からの富士山は

Dsc03024

青空でしたが、山頂はすっぽり雲の中でした。

村の工房で趣味の木工をやっていらしたクラフト仲間のSさんが8月いっぱいで工房を引き払われました。ハワイアンキルトの額縁や木のボタンなど作っていただいてお世話になった方で、淋しく残念な思いですthink

Dsc03025

縦横45cm同寸の額は市販品では見つからないのでお願いして以前作っていただいたもの、現役の時は設計の仕事をしていらしたそうで、作られたものはきっちりと素晴らしい出来です。額の色に合わせて作ったシックな色使いのハワイアンキルトを入れてみました。

9月といえばそろそろ秋のクラフトフェア準備です。ちょっと変わり種で猫人気に寄せてcatのウォールポケットを作ってみました。

Dsc03022_2

ウォールポケット用のポールを捜しに100均に寄ったら、もう10月末のハロウィングッズのディスプレイでした。「早っ⁉」と思いましたが、コンビニ○ブン○ブンももうおでんのCMですし、おでんとくれば肉まんあんまんも始まるし・・・一気に季節が変わって後半なんですねぇsign02

Dsc03021_2

ハロウィンの飾りつけを早いと言いながら、私ったらハロウィンを飛び越えてネットでクリスマスプリントを取り寄せましたcoldsweats01。どうせ早いならクリスマスプリントの小物づくりをして季節の先取りです。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

遅れてきた夏

気がつけば八月も最終週、ネットショッピングはしてもブログは自分のもブロ友さんのブロク゛にもご無沙汰でした。関東地方は21日連続雨が記録されたりで真夏だというのに庭の水やり不要で、やっと数日前に再開しました。

葉物野菜の生育やお米の作柄が心配されていますが、ありがたいことにささやかな家庭菜園は今年は出来が良くて、トマトは豊作、キュウリもピーマン、万願寺とうがらし、ナス、茗荷、大葉も自足出来ています。

今朝はいつものようにワンたちに起こされたので、涼しい内に朝活で秋植え野菜の苗を植え付けしました。

Dsc03017

まだ夏野菜が植わっているので、空いた場所の土を耕して元肥をすき込んで黄芯と白芯の白菜を2株ずつと赤キャベツを一畝に、プランターにリーフレタスと空けた野菜用プランターにキャベツを2株植えましたbudbud 向かって右は安納芋の葉で、今のところ順調です。 食べれるものが作れるって嬉しいことです。夏もいいなと思えるようになったのは涼しい当地に転居してから、畑からの恵みに贅沢気分を味わってからです。

Dsc03019

もうムカゴの実がつき始め、早速とうさんのいる夕食にムカゴご飯を炊きました。

畑の角に植わっている桂の木の脇に伸びていたブッシュに画眉鳥が巣を作り、全く気がつかずとうさんがバサバサ枝を落としていたら飛び立つ前の雛たちがびっくりして飛び出す騒動がありましたsign02 まだ十分に飛べない雛がよちよち歩いて逃げる、巣に戻してやろうととうさんが追いかける、一羽戻したと思ったらまだウロウロしているコがいて、また戻すで結局何羽の雛がいたのかはっきり分かりませんでした。鳴き声はうるさいんですけど雛を心配して焦る親鳥を見れば無事みんな戻れたのか、しばらく気になって様子を見守りました。

Dsc03016

一家ごとどこかに移動したらしく空になった巣は小さいけれど雛たちを包み込むようによく出来ていました。

Dsc03012_2

夕方とうさんが鹿が来ているよと言うので見ると、隣の空き地に親鹿と子鹿2頭がいました。手前はトマトのフレームとガーデンバラソルです。天候不順で食べ物捜しに来たのか、ウチの畑は何も被害はありませんが自然界も生き抜くのは大変なんですねthink

Dsc03014

朝、ワンたちの足拭き用プラ桶に♂クワガタがひっくり返っていました。起こしてあげたらしばらくしてどこかに行ったようです。野菜用の深いプランターを移動した跡に大きなガマガエルがいて一瞬ギョッとしましたwobbly よくある置物のような立派なコで、主のような顔してました。

夏はどこに出かけるよりも高原の涼しいわが家が一番happy01 でももう秋の気配も・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

当たり前じゃない!

台風5号がもたらした大雨、村に続く国道、県道すべて規定雨量を超えて一昼夜通行止めになりました。避難所が開設されて「避難勧告」のお知らせも端末に入りましたが、一番近い避難所はかなり裏山が迫る地形に建っており、わが家の方がどう見ても安全と思われます。

小雨ならまだしも、ちょっと出ただけでもずぶ濡れなんですから動かないのが一番、わが家の立地は土砂崩れの心配はほぼありません。雨が止んだ昨日、家の周囲を見回っても被害は無かったのですが、昨夜シャワーを浴びていたら水が止まって「あららsign02」 昼間お世話になっている工務店さんが水源を見に行ってくれていたので水は来ているはず・・・細かいゴミを受けるストレーナーが詰まっているかもしれないとヘッデン(ヘッドランプ)をつけて母屋裏のタンクを点検しにいきました。案の定今まで見たことがないほどびっしり塞がっていて、水を堰き止めていたことが分かりました。掃除をして元栓を開けるとタンクに溜まりだしましたが、しばらくするとまたチョロチョロ、また掃除をするのですがまた詰まるの繰り返しdespair

Dsc03008

今朝は台風一過で、予報では猛暑日sun、明るくなってまずはタンクの点検ですwrench タンク内は水は水でも泥水で、ストレーナーはびっしり詰まった状態です。

Dsc03011

湧水水源の沢が相当荒れたようですが、水道管に異常がなく水が来ているなら濁りが消えて平水になるのを待つしかないと思いました。この際だからタンクの水を全部抜いて掃除をしてから水を溜めることにしました。タンク下部の栓を開けてお風呂掃除用の柄付きスポンジで水をかき出しながら泥出しsweat01 水を止めて待機中につきブロク゛更新してます。

昨日は隣の沢も沢音高く、コーヒー牛乳色の濁流でしたが、下りて様子を見に行ったら勢いはスゴイけれど水は澄んでいました。この上流に水源があります。

Dsc03009

涼しげですが、台風の被害で少し上を見ると杉の倒木が目立ちます。林にはマタタビやサルナシの実がゴロゴロ落ちてます。以前は珍しくて焼酎に漬けてマタタビ酒など作っていましたっけsign01

Dsc03010

今年の冬は雪もそれほどでなく、水道管凍結もなく穏やかに過ぎましたから久々の水トラブルです。レバーを上げれば(ウチは上げるタイプですが、下げるタイプもありますね)水が出るのは当たり前のことではない、忘れた頃に再認識です。

都会では意識することも無く、災害があって初めて感じることだと思いますが、田舎暮らしでは当然と思ってはいられません。

Dsc03006

大雨にうたれた翌日でも花オクラの花が咲きました。花びらは薄くてとてもかよわいのに強いものですね。

Dsc03007

エディブルフラワー(食用花)としては大きく美しいNO.1だそうです、食べれるって大事good


| | コメント (8) | トラックバック (0)

やっと点灯

以前「ひょうたんランプ」を作ったのですが、もう少しで仕上げというところで一時中断していました。私の悪いクセで、もうあとは簡単⁉と思うと他のことを始めてしまうのですcoldsweats01 材料の乾燥したひょうたんが手に入ったので、そろそろ完成させて次のランプを作ろうと思いました。

吊り下げるシェードではなく、スタンド式にするためクラフト仲間の木工家さんに作っていただいた木のスタンドに合わせ底部の穴を広げて合わせ、光がすっきり通るようにドリルビットで手直しをしました。乾燥した小枝をカットして上の小さな穴のサイズに合わせて穴を塞ぎ、アンティーくワックスを塗り込んで完成です。暗くなったアトリエテラスで点灯flair

Dsc03003

やっぱり灯りがついてこそ映えるようです。明るいところでは

Dsc03001

遊牧民の描く羊や山羊、太陽と木々を織り込んだギャベのイメージで作りました。次なる素材は

Dsc03004

同じひょうたんでも形が全然違うから面白い、眺めていると段々イメージが出来てくるのでしばらく目にする所に置いてからデザインを決めます。二作目は灯りを入れた時のことも想像できる気がしますconfident

Dsc02989

花壇のベルガモットの強い香りがミツバチを呼び寄せるらしく、小雨でも忙しげに飛び回っています。

8月はrainの、それも各地で注意報や警報の出るような大雨のスタートになりました。気象についての今までの常識は全く役に立たず、自然の前にどうすることも出来ないのが現実ですね。続いて被害がありませぬよう願うばかりです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

みいつけた⁉

ウチのワンたち、夏時間になってからほぼ正確に6時15分前に起床、朝イチ庭に出ます。私もなにげに畑に収穫出来そうな野菜がないかチェックしたり、花の咲き具合をみてからワンたちの足を拭いて家に入れるのですが、今朝は屋根上ガーデンの階段途中で発見eye

Dsc02987_2

久しぶりの「ルリボシカミキリ」です。普通朽ち木にやってくるカミキリムシですが、ガレージ傍の朴の葉に載っていました。サイズはまだ小さいので若いのかな、急いで家からデジカメを持ってきてそ~っと撮りましたsweat01 なぜかこのカミキリ君を見ると何かいいことがありそうな気がします。探そうと思って見つかったことはなく、ふとした瞬間そこにいるというような出逢いがミステリアスなんですconfident

そのおかげかどうか病院での検査でkattiiの尿路結石の症状がほぼ無くなったこと、膀胱のエコー写真が綺麗で正常に、飲み続けた尿サプリがkattiiに合っていたようでこれだけ劇的に無くなったのはスゴいと先生にも言われました。犬の平均寿命は犬種によってそれぞれですが、シュナウザーの場合12~15才くらいで13才はもう人間でいえば70才くらいに当たります。普段は昼寝していることが多くなりましたが、散歩の足どりは軽快で食欲旺盛、毛並みもつやつやで今どきCMで耳にする「若みえ」熟女犬です。

良いことの一方で残念なことがあるのも人生(大げさか⁉) 

Dsc02993

メロンの苗とばかり思って楽しみに育てていた苗がどうやらかぼちゃsign02 日に日にかぼちゃらしくなってきました。接木苗だからかぼちゃに接ぎ木してかぼちゃが頑張ってしまったのかもしれないですね、プチプチ座布団を敷いて大事にしていたのに残念ですdown 

Dsc02990

天候不順でも畑の夏野菜と向日葵はすくすく成長してます。種を蒔いて育て、秋に種を取り冬の野鳥たちの餌用にならないかと思ったのですが、ちょっと種類が違ったみたいです。まぁそれもこれも暮らしの気づきということで・・・clover

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サンドブラスト体験

近所に開店して6月で一周年を迎えた『おばァの台所』はいつもワンコ散歩の帰りに果物を買ったりcafeをしたりで、すっかりお馴染みのお店になりました。オーナーのセルフビルドのお店は少しずつ進化して、最近裏側スペースに工房の看板が掛かりました。

Dsc02980

なんの工房かというとサンドブラストの体験工房です。「ど素人」なんてネーミングですが、現役時代はある分野で第一人者だったそうです。ガラスや木、硬い石やタイルにも彫刻出来るサンドブラストはやってみたかったひとつで、とりあえず木工作業場にある木を使い、毎秋ぶどう狩りに行く元山岳会の仲間にちょっとした看板を作ってあげようかと思いました。ぶどうのダンボール箱にプリントされたロゴを活かして、拡大コピーして師匠に見ていただき、

Dsc02969

彫る板の上に厚さ2mmくらいのラバーシール(スケール下)を張り、プラスティックカーボンペーパーでロゴを写し取ります。

Dsc02970

カッターで丁寧に切り込みを入れて周りを落とします。

Dsc02975

ラバーはしっかり接着しているのですが細かい砂の圧でめくれてしまわないように、切込みは気持ち外傾するような感じで入れます。

Dsc02977

サンドブラストの中は下に吹きつけた砂が溜まり、上には集塵機、ゴム手袋から両手を入れて足元のペダルを踏み、アクリルガラスから中を見てノズルを操作して彫っていきます。

Dsc02978

今日は家にあったアクリル絵の具の青と赤を混ぜて赤紫を作り色を塗ってみました。一応ぶどうの色に近いかなと思います。

Dsc02982

アクリル絵の具が乾いたらニスを塗って完成予定です。

「サンドブラスト」で検索すると箱根や河口湖など観光地でのワークショップがいくつも出てきます。用意された素材とシールを買って短時間でオリジナル品が出来るらしいのですが、こちらは商業ベースではないのでかなり自由度が高く、表札やメッセージボードなんかも気軽に作れそうです。

ガラスには以前ルーターで彫刻していましたが、サンドブラストならさらに可能性が広がるでしょう、次は木ではなく少し厚みのあるガラス器を見つけてこようと思っていますhappy01



| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧