ただいま準備中!!

先日の大型台風18号の風で大きなガーデンパラソルが飛ばされました。庭に置いたログテーブルの真ん中に差し込んであったものですが、秋に畳んでしまおうと思ったら抜けなくなって冬は畳んでカバーを掛けていました。

Dsc03048

台風前に畳むのを忘れたままでしたが、いくらやっても抜けなかったのにまさか飛ばされるとは・・・月曜朝起きてあるべきものが無いsign02 庭に出たらなんとバラのアーチにぶつかって止まっていました。一晩中雨音が聞こえており、深夜山中湖村との境の峠が通行止めになったくらい雨量があったものの、風の勢いが凄かったんですね。幸い敬老の日三連休でとうさんがいたので、転がったログテーブルも元通りにできました。ホントにここ最近の荒れた天候は激しいですshock 

日曜日などは肌寒くて、煙突掃除もまだなのに薪ストーブに火を入れたくらいです、例年より早いsign01 煙突掃除しなくては・・・sweat01

私は相変わらずマイペースで、10月のクラフトフェアの準備をしています。案内ハガキには新作の写真を使うことにしているので、まずはイチオシバッグづくりと季節感を出すためにハロウィングッズを作ってみました。

Dsc03041

ちょうどかぼちゃ色の生地があったので適当にデザインを描いて作ってみたら、14cm四方の小さい額はすぐ出来るので色々バリエーションを変えて

Dsc03046

同じものはひとつもありません。馴染みのなかったハロウィンですけど年々盛んになっていて、秋という季節を感じるイベントのひとつになりつつありますねmaple

ハロウィングッズで寄り道しましたが、クラフトフェアの案内ハガキを作り、昨日発送完了しました。今回は諸々ありまして日曜日一日のみの開催です、わたし的には一日だけの方が楽で、集中できます。

Dsc03047

空白スペースは自筆でひと言添えるためです。このバッグはマチ部分と同じ生地を中袋に使ってリバーシブル仕様で作りました。

Dsc03037

使い勝手の良い大きさで、私の定番バッグですbag

| | コメント (8) | トラックバック (0)

実写版・映画『岳』

行ってきました、どしゃぶりのrainrainの中、映画『岳』。とうさんの仕事の都合に合わせて南町田の109シネマズで待ち合せ、雨ならばすいているだろう、雨ならば駐車場の車中でも2ワンズが待っていられるだろう・・・です。

原作のイメージだと小栗 旬君ではちょっと線が細いんじゃないかなぁなんて思っていたのですが、いい感じの三歩君でした。山岳遭難のいろいろを盛り込むには時間が足りないですね。

003

そうそう山小屋でのワンシーンになんとフリークライマー平山ユージさんが出演されていましたheart01。セリフもひと言、思わず「ユージさんだぁsign01」ととうさんと顔を見合わせてしまいました。エンドロールでただ「平山ユージ」と出ていましたが、別枠で「平山ユージ(友情出演)」とするべきじゃないかと思いました。日本でより欧米での方が有名、イチローに匹敵する世界に通用する日本人のお一人なんですから・・・。エンドロールには相模原の馴染みのクライミングジム「ストーンマジック」も矢崎店長のお名前も、古い知り合いの大森さんも山岳コーデュネイトで全編に関わっていたらしく・・・

でもクライマックスシーンの深いクレバスですが、日本の北アルプスにあんなクレバスってありsign02 ダブルアックスで三歩君がクレバスに飛び込むなんて映画「バーティカルリミット」に似たようなシーンが・・・think  あれは世界第2の高峰K2ですけど・・・。まあ細かいことはとにかく楽しめる映画になっていればいい、大画面で視る空撮の映像がとても綺麗ですhappy01scissors

new 『岳』14巻、これから読みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍馬の命日

今日は坂本龍馬の命日だとか、今年は初めてNHKの大河ドラマ「龍馬伝」を日曜日PM6時からBSハイビジョンで、間に合わなかった時はBS2で10時からと欠かさず視ています。

今までののっぺりとした嘘っぽい大河ドラマ(あくまで私的感想)ではなく、動きがあって光の使い方が巧みで広がりを感じる美しい映像と魅力的な人物像に魅せられています。あと2回28日が最終回「龍の魂」だそうで終わってしまうことになんだか寂しさを覚えています。福山雅治さんは若い頃の線の細いハンサムさんから年齢を重ねるごとにオーラを放つ素敵な男性になってるなぁと感じますlovely

ドラマでは藩や体制に属さない龍馬が描く新しい時代が、他の誰もが想像できないものであったために33歳で暗殺されるに到ったように捉えています。30数年前1人で京都をぶらついていて東山で偶然「坂本龍馬の墓」にばったり、おまいりをしてきたことがありましたが季節は秋maple、11月だったかはなにぶん遠い記憶で・・・。

008

秋が深まるにつれ今年の紅葉は少し変だと感じています。ドウダンつつじもメグスリの木も赤黒くて鮮やかな赤に染まらないまま、山もみじも黄色から茶色で落葉してしまっているようです。1本1本がそうですから山全体の紅葉も少しぼやけた印象です。予報どおり夕方の散歩から帰った途端に雨が降り出しました。秋の夜長、雨音を聴きながら薪ストーブのそばで読書ですbookconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルネオ島・キナバル

ピンポイント予報によると今日の当地の最高気温21℃だとか、1枚羽織り靴下をはいてちょうどいいくらいです。強いrainが山肌を背景に水のカーテンのように見えます。

週の真ん中水曜日の夜は楽しみにしているテレビ番組tvがいくつかあり、午後8時からはBSハイビジョン『グレートサミッツ』、昨夜は10年以上も前に登った山ですが東アジア最高峰マレーシア・ボルネオ島のキナバル山(標高4095m)でした。取材班は最初の登頂者だった英国の植物学者の登路を忠実にたどる形で熱帯雨林の川からスタート、先住民の村から公園管理事務所入りしていました。普通は公園入口まで車道が整備されており、そこからがキナバル登山です。赤道直下のキナバル山は1年中登れる山ですが入山制限 (1日200人程度とか)があり、当時は12人に1人のガイドが必要で、私も個人ではなく海外登山専門のツアー参加でした。

以前はなかった一般登山道ではない岩のルートを登るなかなかスリリングな場面がありました。イタリアなどでは『フェラータ』(鉄の道)といって固定ワイヤーを専用のビナとシュリンゲの掛け替えで登るルートがありますが、アジア発のフェラータがキナバルに作られていたそうでちょっとおもしろそうだなと思いました。ハードなアルパインクライミングのルートと違うのは金属製のステップが設置されているので山靴で登れること、ルートの所々で映っていた古いリングボルトや錆びたピトンはかつてルート開拓したクライマー達の残した物のようでした。

先週のギアナ高地・アウヤンテプイも登路を見つけたのは植物学者でした。登山家ではない植物学者が見たこともない珍しい植物を求めてサミッターになった山が未開の地にはあるんですね。日本も奥山(反対語:里山)に最初に分け入ったのは修験者だったようですから・・・。

夏が暑かったから今秋の紅葉mapleは期待できるでしょうかconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレートサミッツ再開

9月からBS・NHKハイビジョンの番組『グレートサミッツ』の新シリーズが始まります。明日は午後8時から「マッターホルン」、山系の女性ディレクターがガイドと共に登頂する様子を追うもので先日前宣番組を視ました。前シリーズでもカメラマンがスゴいと思っていたのですが、ハイビジョンカメラにもやはり様々な工夫を凝らして臨場感満点の映像が視られそうで楽しみですnote

139

これは私のなんちゃってデジカメで撮ったヘルンリ小屋手前、まだ残雪で登山許可が出ていない6月のヘルンリ稜です。マッターホルンって山に登る者なら条件が揃えば登ってみたいと思うのではないでしょうかsign02 ガイドなしで登るのもガイドについて登るのも自身の手と足で登ることに変わりはないのですが、不安要素の多くをクリアできてパートナーがいない人にも登頂へのチャンスがあるという点で、ガイド登山がイメージできる番組でもあると思います。フランスもスイスも山岳ガイドは特別でガイドと一緒だとロープウェイも優先されたりがあるようでした。

核心部の登攀も固定ロープをゴボウ(両手でロープを掴んで体を引っ張り上げる)で登り、ガイドとはロープを結んでいても同時登攀でマッターホルンが体力と時間勝負だと感じさせます。フリークライミングで5.9程度のグレードが登れて高度感を楽しめる人なら問題なさそうです。

ついでに今後の放送予定は9/8(水)ギアナ高地のアウヤンテプイ、9/15(水)マレーシア・ボルネオ島のキナバル、9/22(水)ヨーロッパアルプス山麓、いずれも午後8時から。アイガーなどは現在取材中だそうです。

山に登ったことがない人も歩くだけじゃない登山をリアルに感じることができるはずです。でも映像になると実際よりもスンゴい所に視えるのはなぜなんでしょcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミアム8

わが家は今のところテレビはBSのみ視聴で、今どきのお笑い芸人やAKBなんとかを知りません。NHKハイビジョンで昨夜から5夜連続放送の番組、プレミアム8『南米大陸一周165日の旅』を興味深く視ています。大型トラックの荷台にバスを載せたような特殊車両でエクアドルをスタート、昨夜の放送ではペルー・マチュピチュ遺跡への長いトレッキングもありました。

今夜はペルーからボリビア、アルゼンチン、チリまでを走り、ティティカカ湖のインディオの暮しや広大なウユニ塩湖など・・・かなり時間経過は短縮された形ですが、一緒に移動しているように感じられ普通の海外旅番組とはひと味違います。各国の大都市での乗り降りは自由で全行程を乗車すると旅行費用140万円(食事、宿泊、運賃込み)だそうです。

これからマゼラン海峡やイグアスの滝、リオのカーニバルやギアナ高地と南米大陸の見どころ満載で楽しみです。

003 004

地球じゃないような自然が造った不思議な景色ってまだまだあるんですね~sign03

こんな壮大な旅を経験したらそれはその人にとってきっと大きな財産になるんだろうなぁなんて思います。画面からは疑似体験、気持ちは地球の裏側ですairplane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グレートサミッツ

NHKtvのBSハイビジョンで『世界の名峰・グレートサミッツ』というシリーズが放送されています。昨夜は第2回目で南米アンデス最高峰のペルーのワスカラン(6768m)への登頂でした。単に山頂に立っただけの映像ではなく、movie現地入りから登頂までの準備、高所順応、タクティクスまで実際に掛かった時間と登る人々の思いや緊張がリアルに感じられました。ハイキングではなく少々ハイグレードな登山をする人、いつかは海外の山へと思う人には興味深い番組だと思います。

第1回は3月31日、ヨーロッパ最高峰のモンブランでした。モンブランに登頂はしていませんが私たちには想い出の山で、ブログのプロフィール写真は紅い針峰群でマルチピッチクライミング後モンブランをバックに撮った1枚です。NHKの山歴10年程の女性ディレクターが現地シャモニーのプロガイドとメール・ド・グラス氷河でのアイゼントレやエギューユ・ド・ミディを下りバレ・ブランシェからイタリア国境までの高所順応を経てモンブランアタックまで、どこも同じような行程をたどったことを懐かしく思い出し引きこまれましたconfident。第1回目は4月21日(水)午後0:30~2:00に再放送予定だそうですflair

24530032

010

new第3回は4月21日午後8時から北米最高峰のマッキンリー(先住民はデナリと呼ぶ)、かつて植村直巳さんが登頂後消息を絶った山です。

第4回は4月28日午後8時からロシア極東・アリューシャン列島のクリュチェフスカヤ、活火山で毎年の噴火で標高が定まらない山だとか、あまり聞いたことのない山ですから見るのが楽しみですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

負けざる者たち

002_3  南町田の109シネマズに映画を観に行きました。山梨って甲府市まで行かなければ映画館がないようで、その点は格差を感じますthink。水曜日はレディースデイで1000円、いつもは夫婦50割引2人2000円を利用してますが、年度末で忙しいとうさんにはごめんなさいですsweat01

『インビクタス/負けざる者たち』クリント・イーストウッド監督、主演モーガン・フリーマン・・といえば「ショーシャンクの空に」の名優shine、一方マッド・デイモンは歳を重ねるごとに魅力を増す俳優さんlovely。ちょっと前のBS番組で政治犯として長く獄中にあったネルソン・マンデラさんのエピソードを知りました。かつて看守だった人が囚人と看守、黒人と白人という立場を越えた親交を語っていたのですが、映画はその話とリンクするように悪名高きアパルトヘイトの国南アフリカが素晴らしい真の指導者の元、ラグビーを通じて国がひとつになる感動の物語でしたhappy02。声高な感動の物語というのにはちょっとひいてしまうのですが、抑え所というか、うまいな~と思いました。やっぱり映画も好きですhappy01

映画に行く前に寄ったのは伊勢原の東海大病院近くの農家さん、畑にすき込む牛フンの堆肥を分けてもらいました。スコップでビニール袋に入れて1袋100円也、充分に発酵した良質の堆肥は臭くありません。軽トラはこんな時にも便利ですscissors。積み込んだ荷台にはもちろんカバーをしましたが、軽トラに堆肥を積んでグランベリーモールに行くのは私くらいかな~なんて思ったりしましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)